ヤマモモ酒

正確にはヤマモモ酒にする前の段階




去年はやれなかったヤマモモの採取をしましたので、さっそく
ヤマモモ酒を作ろうかと準備に、  ・・・ 水の中へ投げ込みます。
一応木の下にネットを宙に浮かせた状態に張り巡らしてあり半日ごとに採りに行っています。

とれたもの



そのため葉っぱやらゴミやら雑多なものまで混ざりますので。
上に浮いたゴミやらヤマモモを取り除いて捨て去ったものが

ゴミが出て


軽く手で取り除いたものですが、

残り


それから水を換え何度も繰り返した残りのヤマモモのヘタを一つ一つ手で取り除き
同時に触った感じで問題がないか調べて選別したものがこれ

2018y06m25dヤマモモ酒4



それで今日 肝心なホワイトリカーと氷砂糖を買うのを忘れましたのでジップロックに入れて冷凍庫に入れました。・・・アホ丸出しです。今季は6袋分ほど収穫しました。

2018y06m25dヤマモモ酒6




仕方ないのでおととし 作っておいたヤマモモ酒をデカンターに入れました。
漏斗の上にコーヒー用のペーパードリッパーで代用してます。

2018y06m25dヤマモモ酒8

デカンターに入れなおすのは面倒ですけど時間が経つと澱(おり)という沈殿物ができるのでこれを除去するためです。
でもヤマモモの場合は さすがに2年たつと赤みが抜けてしまうようです。
作った年に早めに飲むのが良いと言われてますが、果たしてそうなのかは好みの問題かな。
私の場合は下戸ですので養命酒代わりに寝る前にオチョコ一杯程度飲む程度ですので余って仕方ないのです。



今の季節は生り果物が一度にできますので、梅酒を入れるのはまだ後になりそう。
当日収穫したもの スモモ 

2018y06m25dヤマモモ酒7

まだいっぱいありますが、たまたま撮影したのはこれだけ。
家では食べきれませんので町方に住んでいる友人やら身内やらへのお中元代わりに
持って行ってご機嫌伺いとかこじつけて上がり込んできます。
すると何か返礼とかお土産など貰って帰るという役得です。 ・・・ なんか罰当たりなことやっているようで気が引ける。







FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ










スポンサーサイト

theme : 収穫
genre : 日記

tag : ヤマモモ スモモ 果実酒 ヤマモモ酒 ジップロック

もういくつ寝ると

リュウグウまであと ~



リュウグウまで到着が6月初め頃とか うろ覚えで聞いたような気がしましたので
久しぶりにJAXAのはやぶさのsiteに見に行きました。
とそこで到達距離のカウントがおよそ5600km(6月1日19:20)ってなんかすごーく 遠い所にまだいるではないですか、

いろんな数字をぼーっと眺めて相対速度が出ていましたので、そこで電卓アプリを使って概算・・・あくまで相対速度0.01km/sのままでいったら何日だろうかと計算 6.48日ということになりますが、実際に相対速度は到着とともに0にならないといけませんので
まだずっと後になりそう。

ここで距離が限りなく近づくにつれて相対速度も限りなく0になるという 高校時代の微分計算みたいなことになりますな~。
いったいいつ到着するのやら。


それで、6月4日みたら3500kmに、新聞とか読んでいたら今月24日ぐらいに到着のようです。







別の話  ・・・

家ではなにやら昔から謎に満ちた音を聞くことができます。
寝ているとたまにキョンと何かが鳴くような声が聞こえるのです。
野鳥だろうか獣だろうかといろいろ思考を凝らしながらその音色がまた聞こえないか待ち構えるのですが、
それからは聞こえません。。
そして次の日にまた必ずと言っていいほど一度鳴くのです。それも家の外から
気づいてから早20数年たって初めてたまたま偶然に建物の中から聞こえていることが分かりました。
おそらく建物の中の何かがきしむ音ではないかと、その音の発生源はまだ分かりません。
外からと思っていたものも南側のよう壁に反射した音のようです。
謎がわかるかどうかわかりませんが、謎解きは楽しみです。







FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ



theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

tag : はやぶさ2 あと何日 謎の音

訂正記事

やっちゃった~。 いつものことだけど。  ・・・ お詫びいたします。



以前掲載していたクロツラヘラサギの記事で使われていたヘラサギの写真が
やっぱりクロツラヘラサギじゃないかという恥ずかしい話です。
逆光で変色気味のモニターを使っていたので私の見間違いであったというお粗末。痛いな~
別のモニターで初めて気付いた。

疑わしい写真

白丸の所に白い綿羽が生えていたらヘラサギとして見れたと思うのですが、剥き出しになっているのでクロツラヘラサギかもしれないという疑いです。直接フィールドスコープで覗いている時はヘラサギだと思って見ていましたが、自信がありません。交配種?? 


私が気付かずにいるくらいだから誰もお気づきにならないだろうとイケシャーシャーと
流しちゃおうかな~という私の耳元に囁くいつもの悪魔ちゃんの声にあえて逆らって
訂正記事を載せました。そこはそれマスコミみたいに身を落としたくないという
私の中にあるちっこい良心の呵責によるものです。

ということでヘラサギの写真じゃないかもしれないという意識で見てください。



ここで私の提言です。
マスコミの捏造やら印象報道など詫びの訂正記事を掲載するのなら、新聞はトップに半分以上割いて1ケ月間晒し続けないと
誤解した読者には伝わらないと思います。またテレビも同様に最初1分ほど訂正に時間をかけ続けてこれも1ケ月間ながし続ける必要性があるかと思います。そうしないと冤罪をかけられた人が不特定多数の知らぬ人から誤解を受け不利益を取り戻すには足りないくらいだからです。









お口直し

最近(連休中)また東与賀の干拓へ行き シギ・チドリなど撮影してきました。
しかも早朝の大潮前後の時間帯を選んで行きましたが、
すでに全国から多くの野鳥を趣味にする人たちの群れがいっぱい。みんな長靴はいて もうやる気満々。
そこまで気合入ってなかったので、ちょっとがっかり。

撮影中 隣でしゃべっている内容が関東の人たちらしく、妙に理屈っぽい話をしていて煩いのなんのって。
でも、まあ 要は野鳥の観察・撮影に集中さえすればいいのですから、
スイッチが入ったら もう一目散。その雰囲気にご近所さんたち飲まれたらしく静かになってきました。
それで撮影枚数数百枚単位。ただひたすらにフィールドスコープ覗いて撮影しまくりました。

とにかく、今はもうひたすら撮影して後で画像解析 その後講釈を垂れればいいの。
どうせ数万といるシギ・チドリの種の違いをわかるわけないから。
そのあまたある野鳥たち

数多いる野鳥の群れ


それが飛び立つと

飛び立つ



飛んでる様のその風を切る音がまた素晴らしい。

もうわけわからん状況に

野鳥の飛行する姿を撮影するのは難しいものですが、これだけの数がいるとどれか一つでも焦点が合っているものがあるかもよと。


フィールドスコープからデジタルカメラを外してその群れを撮影するとこんな按配。もう種類なんてようわからん。

群れ





さて、次回までに多くの写真を分析していきたいと思います。以下のようにして
このような感じでしょうか  ・・・・  気の長い話。

画像分析

写真の中にサイズを記載しているのは、前後の相対的位置とサイズから種別の手助けになります。
普段野鳥の会の人たちはスズメやらムクドリ・キジバトなどなじみの野鳥のサイズを覚えていて、それをもとに普段見掛けない野鳥のサイズとかを測る基準にしています。

このほかオスメスの区別 夏羽・冬羽の違い 生え変わりの違い 個体差の違い ハイブリっとによる識別の困難さ
病気の疑いによるもの 種の行動の違いによる区別 つがいによるもの 似たような群れの中に潜む別種 鳴き声による識別
等々 経験やら知識をもとに分析のまねごとをしています。  NASAの画像分析みたいでカッコよかでしょう。





FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ



















theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

tag : 訂正 クロツラヘラサギ 東与賀 画像分析

へんな勘違い

お寺を間違える  つい最近の話。





留守電に和尚さんが亡くなられたということで急遽
夜に喪服を準備して車で1時間ほどかけて出かけてみると別に何もなかったような状態。
でもそれがここのお寺の仕来たりかどうかとも知らないので、とりあえず
玄関から声をかけて問い合わせたのでした。


そしたら、その和尚さん生きていたのです。
連絡を受けて出向いた旨伝えると「それは何かの間違い」と二人でいろいろ話をして
考えても埒が明かず、そのまま退散。


総代と名乗られた方の名前を知らず、やっぱり電話のかけ先を間違えたのではと思い
帰りの運転中にふと家の菩提寺の寺の名前をいくつか口ずさんで思い当たるお寺へ
進路を変えてまた30分かけて直行。
 

そしてつきとめました。お寺の奥に受け付けのテーブルと提灯ぶら下げていたのです。
ただもう10時過ぎていたので誰もいない状態。とりあえず仁義を切ってそのまま退散しました。





口述では時としてその人の癖や、また録音の質によってとんでもない誤解を招いてしまいます。
状況にもよりますが今回の場合は、地方独特の訛りのせいではないかと思いました。決して吃音とかではありません。








変な勘違いというと  ・・・ やらかしました。私がまだ幼いころ
知り合いの方が倒れたので急いで救急車を頼まれた時、「おばちゃんが産気づいた」と大きな声で
叫んだら、「バカ、デブが急病になっただけ」と関係者から罵声を浴びせかけられたのです。
その時のおばちゃんまだ意識がはっきりしていて、あんまりだという顔をしたのが印象的でした。
なぜ産気づいたと言ったかは推して知るべし。







で、その産気で思い出した勘違い
女の子たちと冗談言いあっていて話の流れから、いろいろ突っ込まれて
切り返し切れずに居直って、「病院送りにしてやる」と笑いながら言ったら、
相手のなかの一人がなぜか神妙な顔になり、その場の雰囲気が飲み込めず
もしかしたら私に気があってそうなったのかどうかわからず。
思わず「病院といっても決して産婦人科じゃないから」と返事。そのあと袋叩きになったというお粗末。



まだ他にもあるのですがそれ以上書くとあとわずかな私のプライドが消えてしまう。






今年の桜は咲くのは早くて散るのもあっという間でしたね。
家の駐車場にある桜の木の下で、ゴザひいて友人とBBQでもと計画していていましたが。
そのためにせっかく購入したタープが納品される前に散ってしまったのです。
時間がただ虚しく通り過ぎただけの春でした。





FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ

















theme : ひとりごと
genre : 日記

tag : 和尚さん 勘違い 生きていた

イヤホン

ポロリとよく外れるイヤホンの話。


私がいつも贔屓にしているbabymetalの動画を見ている時に気になっていたのは女の子たちのイヤモニ。
よくあれでイヤホンが落ちないものだと感心していたのですが、私の耳の形が悪くて
耳から落ちるのかなと悩んでいたのです。
でもいろいろ悩みごととかある時に便利なものがインターネット。
こういう時こそ皆様のお知恵を拝借させてもらおうではないかと、調べたら
たまたま えーもんめっけました。
最近知ったイヤホンの正しい装着方法

早速その知恵拝借ということで試したらなんとピッタリ収まりました。
メーカーからの取説をみると通常の装着方法なのですが、音の低下もなし外部からの雑音も少ない なにより
外れにくいというメリットがありますので こちらのスタイルのほうでしばらく試してみようかと考えています。


そのメーカーさんの取説での扱い

イヤホンの装着





一つだけ短所があるとすれば装着が慣れないせいでまだすぐはめにくいというところでしょうか。
耳に収まったら私はさらに二股に分かれているところを首のところまでスライドさせてさらに固定させています。




今日もまた雨 三寒四温の季節の変わり目のせいでしょうか、最近なんか体調がいまいち。
家のお袋も歩くとぜいぜい言いだしてまたかかりつけに連れていく羽目に。
手術を終えて体調もすこぶる良かったのですが、自然にはかなわない模様。




theme : *感謝そしてありがとう*
genre : 日記

tag : イヤホン 装着 三寒四温

最近の楽しみ

何とも言えない快楽  ・・・・ スケベな話ではなく、



 寒い日に布団の中の温もりに包まれることの幸せを
感じる今日この頃の話です。要するに値上がりした灯油代を如何に節約しようかと
考えた末のこの行動が思わぬ喜びに。 ・・・何とも情けない話。



でもかまいません。とにかく寒いから。
それで新しい発見と布団の中での楽しみ方とか・・・・スケベな話ではなく

その新しい発見とは
掛け布団をかけると肩のあたりから冷たさを感じてしまいます。
それで毛布を折りたたんで頭を包み込むようにして端を肩口に差し込むわけです。
なぜかこれで自分だけの空間に包まれたような感覚になれるのです。
できればカプセル型(棺桶ではない)のようなものに入って寝たら最高なのですが、
現実派の私としてはそれ相応のスタイルで安らげれば良しとする妥協です。

布団の中での楽しみ方とは
3年ほど前にタブレットPC アームスタンド を購入していたのですが、これを使ってタブレット
寝た状態で見ようではないかということです。
自炊をして数千冊の本がありますのでもう好きなだけ読めます。youtubeやら
音楽やら、ゲームまでも。

そのタブレットPC アームスタンド
71j76pcDj7L__SL1280_a.jpg


このスタンド自由度がありますので、寝た状態で見上げるようにして見ることができるわけです。
ちなみに布団のそばに脇机を置いてこれに固定してアームを顔の前までのばしています。


なんといっても 冬山のテントの中で寝袋の中で寝る時の快感のような感じ。
ただタブレットですからタッチパネルです。それで布団から手を出さないといけませんが、ここでたまたまレッグウォーマーが
物干しにぶら下がっているのを思い出してそれを腕に装着。
なかなかよろしいではないですか。

ここ数日連休中はもっぱらお袋の相手するのが嫌で自室に閉じこもり。
うつらうつらしながら目覚めから二度目の睡眠を楽しんでいました。
これは病み付きになります。


打首獄門同好会「布団の中から出たくない」

そういえば、春一番が吹いたとありました。もうすぐ温かくなるのかな。






FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ



theme : 小さなしあわせ
genre : 日記

tag : タブレット アームスタンド 寝る 二度寝

お墨付き

術後の再検診(先月)をいたしました。



母の心臓の手術から約3カ月後に予後の状態を見る為にまた大学病院に伺いました。
ここを転院してからまだ4週間ほどしかたっていないのに、なんか久しぶりに来たような気分に浸りました。
相変わらず、せわしく検査を受ける為にあっちに行ったりこっちに移動したりしてこなしていくのですが、
それを完了していざ教授の診察を受ける段階になったら、ただひたすら待たされました。
予約の時間は先に12時ぐらいという話でしたが 前日電話でなるべく早く来て
数多ある検査を先に受けてください、終了後に受付先着順に受診できますというシステムだったのです。

付き添いが全てやりくりして競争のようにしてやるので、こりゃ患者一人できたら死ぬな。



それでやっと教授の診察。にこやかに対応してくれたのが救いでした。
見舞いの時は全く顔を見なかった教授でしたが、入院中に家の母親と色々なんかあったみたいで
なぜか親しく会話。 なんといっても母は年齢的に手術に耐えられるかどうかの年でしたので、それで人一倍
思い入れがあるのか、それともまた母親がなんかやらかしたかのどちらかだと思いますが。
通常は手術が終われば地元病院へ転院ということになって私の見舞いが楽になるはずでしたが
教授の「うちで最後まで面倒みましょう」の一言で外科病棟・内科病棟と担当医・看護士・スタッフの完全介護
なんかすっごーく丁寧な対応というか気を使ってくださったのです。おかげで
目に見えぬプレッシャーを感じてさらに私の見舞いの負担がとんでもないことに。


でもその甲斐あってか、「全く問題はありません。もう大学病院に来ることはありません」という
お墨付きをいただきました。


帰りは快気祝いと思ってそれとなく帰りのコースからはずれて柳川でウナギのせいろ蒸しでもと
気を利かせてコースをとっていましたが、運転中後ろでまた母親の口の悪さがでて無性に腹が立ったので
コースを元の帰りに変更してコンビニ弁当にしました。口は災いのもとってことが分からないのでしょうか





FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ











theme : *感謝そしてありがとう*
genre : 日記

tag : お墨付き 快気祝い 口の悪さ 付き添い

転院 退院

年末に久留米から大牟田へ戻ってまいりました。



とはいってもまだ市立病院への転院なんだなあ~。まだ自宅に戻ったわけではありません。
でも一歩一歩と時と場所が家へ近づきつつあると言った按配ではないでしょうか。
うちの母も苦しい闘病生活が続いていましたので、島崎藤村のヤシの実の最後のフレーズ
「いつの日にか国に帰らん」というような感じかなあ。


でも入院したらまた書類の山に目を通すことになるのです。なんかねえ~ 同じことの繰り返しのようなことばっかり。
書類を書いていて緊急連絡先の項目で3人以上書いてくださいと看護師さんからしつこく迫られたのには閉口しました。
母の年齢と同じような人たちはとっくの昔に他界して、身内は世代が変わってあまり頼めない人ばかりなのです。
東京にいる弟の名前を書いてもね~。 どこが緊急なんじゃと言われるのは目に見えてるし。


ただ、こんな酷い目に会ってもひとつお得なこともあったのです。
障害手帳の対象になってたんです。免罪符みたいなものですけども。
医療費の給付・助成があるので入院治療費がいくらか戻ってくるそうなんです。
で、転院するので久留米から大牟田まで高速料金を使っての料金は半額です。
見舞いに行くのに節約して下の道を通っていた苦労がうそのよう。
でもってなんとNHKの受信料がただ。 ・・・ お得なんですが私はテレビ見てない(T_T)。


それでこういう年末の時に限って面倒くさいことが重なって
年賀はがきもいざ始動準備となった途端にインクの目詰まりで印刷不能
・・・もう目の前真っ暗。いそぎプリンターを買いに行ってその日はもう時間切れでそのまま
忙しい日々の合間 数日おいて、ついに印刷を。 この時まだ購入したプリンターの開封の儀をまだとり行ってないというありさま。

去年は住所録を入れたハードディスクがぶっ壊れて 正月に送られてきたはがきを元にすぐ住所録を手入力
して2日に送りました。そんなことから今年こそは慎重に住所録を確認して  ・・・   喪中案内の記録が抜けてないように。
印刷そのものはあっという間にできるのですがその前段階に時間がかかります。
 で正月に送られた年賀状を確認したら1枚だけ漏れていた。




そして退院へ 
転院の記事書いている間いろいろ手続きやらでそのまま保留にしていたら、
2週間ほどで退院になってしまいました。時間が過ぎることの早いこと。

それで退院日いつものお店で昼食。顔なじみですのでいろいろお祝いされたのですが
サービスでいろんなもん出されても食べきれるわけないし。
午後はそのまま紹介状を出してくれた主治医へ返事を添えて挨拶程度と思っていたらここでも
歓迎されてそのまま診察レントゲン撮影やら一通りのことをやってもらいました。
おまけにインフルエンザの注射まで
主治医としてはやはりうれしいのでしょうね。レントゲン撮影で写された心臓の術前から術後の経過を
リアルタイムで見ることができるのですから。


4時過ぎまででやっと解放されるかと思ったらこんどは友人の顔を見たいとか言い出す始末。
当日ものすごく寒かったので顔を見るだけの事態。 その間外で友人の娘さんと私とで凍えながら
元気にしてたか交歓。


でやっと帰宅。 とどめはご飯炊くのを忘れていたという結末。泣いたね~ 感動ではなくヒロインとして泣かされた。


theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

tag : 泣いた 転院 退院 主治医

賀正


新年明けましておめでとうございます。


旧年中はお世話になりました。
これからもよろしくお願います。






  ちきちき

14年前に描いた家の犬です。懐かしいな~(^。^)



 水彩を載せた絵もあるのですよ。

わんちゃん




といことで本年もまた懲りずにお付き合いください。



theme : 謹賀新年
genre : 日記

tag : ちきちき 謹賀新年

後のために

今も母は入院したままです。


最初は発熱による治療からはじまり、熱が下がり内科のリハビリへ転科するつもりが
病棟のペットが開かないとかで先月下旬近くまでかかりました。
そしてやっと内科にて本格的なリハビリへと進んだわけですが、内科医の話では
どの段階までリハビリをするかどうか尋ねてきました。 かなり長くかかるかもという話をされた時は
もう勘弁してほしいと思いました。 それで 今思案している最中なのです。

正直、年齢が年齢でしたから 回復の度合いなんてそれほど期待していたわけではなかったのですが、
意外と元の状態近くまで来ているのです。手術前の段階を越えて良くなっている。ただし入院が長いこともあって
歩く力が弱っているのと物忘れの度合いが進んでいるようなのです。

この段階で退院を妥協すべきか今考えています。



母は早く退院をしたがっているために何か気休めになるものをその都度思いついて持参しています。
それで今回はオイル漬け(ハーバリウム)の花を持っていきました。

華

花粉所の患者もおられるかもしれないので瓶の中に封じ込めたもので我慢してもらうことにしました。
でも結構高かったんだなこれが。後々のためにお金は使わずにしようと習慣づけていますので普段は質素な生活です。
でも今がその後々になりますのでちょっと奮発しました。花の飾りだけなんですけどね。




長期の入院ですのでこちらも気分転換のために探鳥会に参加しました。
とはいってもたまたま久留米で催されている会に入院見舞のついでのような形で参加しました。
それで、そういう時に限って季節風が吹いてそれも吹きさらしの中を歩き回るという過酷な催し。
・・・参加するんじゃなかったという具合に寒かった。



theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

tag : リハビリ ハーバリウム 久留米

プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク