従兄の引っ越し

先月 唐突に従兄が引っ越すという話を聞かされて



 えっ、なんで? ということに
まあ理由を尋ねても 変わることもないのでそのままに。 
もし話したければ話すだろうからといつものように立ち入った事に踏み込まないようにしています。
年取ったら老後を都会で過ごすためにまだ若いうちにあちらに地盤を作ることにしたのでしょう。


で、形見分っということで段ボール十箱ほどのやらを私に進呈していただきました。
何この尋常でないの量。 診察室で内輪話のついでにすぐにあげるからと言っていきなり病院内のスタッフ動員
しだして、家のワンボックスまで運び出したのです。私的用事で従業員を使うのにはさすがに閉口して、みんなに
頭を下げたあとに、みんなにアイスクリームを差し入れいたしました。
・・・労働基準局に駆け込まれる前に賄賂を渡したのです。
いつも思うのですが、きたない仕事をよくやらされる役回りが多いのです。


でも、身近なものがいなくなるという状況はいつもつらいものがあります。
特に従兄はここ数十年いつも市内にいて家族の健康を見てきていましたのでなおさらです
思えば子どもの時から・・・ずっと 精神的な強い絆を感じていましたから。





熱い日が続いてます。皆様ご自愛くださいませ。
私 いま暑さでへばっています。  ・・・・ 温暖化のせいです。根性無しではありません。…決して

最近 何か忘れたことがあるような気がしていましたが、ブログ書くのを忘れていました。。。。







スポンサーサイト

tag : 引っ越し 形見分け

儀式めいたこと

夏の頃からだったと思う



外の作業が終わったら、洗面台のシンクの縁に両手で体を支えたのち 石鹸を手で
ゆっくり泡立てて顔に塗って念入りに洗う動作をいつの間にかするようになりました。
息が落ちつくまでの間その動作をすることで呼吸を調整していたのです。
そしてゆっくりとすすいでタオルで拭いてやっと落ち着くといった感じです。
今はそれが快感になっていて儀式みたいになっていました。

新しい石鹸でも開けて使ってみようかなんて考えてみたもののもう在庫していたものが
もう無くて、もしかしたら物置にいくつか置き忘れた石鹸ないか探したら

せっけん

何だこれっていうのが出てきました。石鹸だよね何か妙にきれいなんだけど。
おそらく化粧品の試供品か何かをもらったものがそのままになっていたんだと思います。
それでこれ使えるのかな~。  お肌ピカピカなんてことになったらもてるかも。
それより洗面台の方が汚れている。




話は変わりますが、せっかくポラリエを購入したのですからまた翌日星空を撮影したのです。
それで撮れた写真がこれ、

冬の大三角

冬の空に前回オリオン座とともに目立つ三角形 冬の大三角です。
以前、南阿蘇で天文台を持ったペンション(森のアトリエ)に泊まった時に冬の大三角を
教えてもらったことがあるのでよく覚えています。



三つの星の
ひとつはオリオン座と重なるペテルギユウスです。
赤色超巨星と言われるだけあって写真でも赤味を帯びて映っています。
最近の調査で完全な球体でなく少しいびつな形になっているようだといつ爆発しても不思議ではないそうでする
もし爆発したら夜でもお昼のように明るくなるそうで生きている間に見てみたいもんです。

ふたつめはおおいぬ座の鼻の頭のシリウス
青白く輝いていますね、本によるとこの周りを白色矮星が回っている重星とありました。
30cm口径の望遠鏡でないと見えないようです。

三つ目はこいぬ座のお腹のあたりにあるプロキオン
これも周りを白色矮星が回っているそうです。
90cm口径の・・・・。



こいぬ座というとどうしても家で飼っていたちきちきを思い出します。
こいぬ座の目にあたる星βはゴメイサとよばれ(泣きぬれた目)というアラビア名です。
私も泣いています。(+_+)



FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ
















theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

tag : 儀式 石鹸 冬の大三角 森のアトリエ こいぬ座

公と無礼講

今日はなんて寒い日なんだ


暖かい日が続いていたので、ひさしぶり寒い日が体にこたえています。
しかも寝袋を着てPCに向かっているという・・・普段母親が暖房ガンガン使ってますので、その分私のほうが緊縮財政です。年寄りだから節約できない。

姪が昨日skypeやろうなんて約束しておきながら、すっぽかしやがって~という恨みつらみを書いてやろうかと思っていましたが、そこは大人   昔から女の子にはひどい目にあっています。まさか身内からとは・・とほほ~(+_+)



 公と無礼講の使い分けを考えていました。会社で仕事をしているとその境というものがはっきりしていなくて、部下と上司の間でのちぐはぐとした関係が続いてうまく任務を遂行することができなくなります。以前勤めていた所では、自分がなかなか心を開かなかったために上司をひどく傷つけたことがありました。酒を飲んで羽目を外すということができなかった性格でした。飲むとすぐ寝てしまう。

 それには一つ理由があったのです。企業秘密のことで絶対しゃべってはいけない状況にあったからです。今でこそセキュリティーソフトが必需品の時代ですけど、その当時はまだセキュリティーやコンプライアンスについてそれほど意識されなかった時代でしたので、飲み屋でぐでんぐてんに酔っぱらってベラベラ事業内容をしゃべっている様子をよく見ていたからです。まあ、その点おかげで逆に情報収集に苦労はしていませんでしたが、







郷土近くの柳川という城下町がありますが、戦国時代に活躍した立花宗茂という大名がいました。子供の頃はよく小さい藩でしたので大したことない戦国大名だと思っていましたが、いろいろ郷土史家の人たちの話を聞いていたらとんでもない戦国大名だということが分かってびっくりしました。もとは大分県の大友宗麟の分家であり最強の軍団を持った人でした。博多の立花山や大宰府の岩屋城を拠点にしていたそうです。その後 大友宗麟の勧めで豊臣秀吉の配下になり今の柳川に城を持つことになります。大雑把な紹介で申し訳ありませんが、詳しくは立花宗茂の本の読んでください。



その宗茂さん関ヶ原で西軍についたために一時期藩を取り潰されますが、大変仲がよかった加藤清正公に客分としてしばらく居候することになります。その期間いろいろな面白い実話があってそのなかで、熊本城ができた際に新しい家臣を雇うことになりその席に同席するように誘われたそうです。清正公は全国的にも有名な大名ですのでいろいろな人が応募してきます。それこそ若くて強そうな人たちが来て頼もしい話でしたが、清正公はどの人を採用したらよいかアドバイスを宗茂公に求めたところ、戦には使えそうにない年寄りを指名したためいぶかったそうです。

でもこれにはちゃんとした訳がありました。もともと宗茂公はわずかな軍勢で数倍から数十倍の敵を鮮やかに倒してきた実績を持っています。当然のことながらそのわけを清正公は尋ねることになります。長期にわたって苦しい戦いをしてくるとどんなに屈強な武将も根負けしてしまいますが、合間に面白い話をする人がいることでそれまで張りつめていた心がほどけて潤いが出てくるそうで、その結果気持ちにゆとりができて敵を打ち負かすことができると諭したわけです。清正公この話にすごく喜んだそうです。

 宗茂公は武闘派の武将たちの評判がよくていろいろいな大名から誘いがかかったり、また藩を改易された時の家臣たちは特別に引く手のあまたの状態だったとの話もあります。またその戦上手と誠実さから豊臣秀吉からばかりでなく敵方になった徳川家康からも誘いがかかりここでもしばらく同様に世話になることになります。秀忠のお伽衆として幕府中枢の話を知る機会に恵まれ、その時代には珍しく柳川藩を再興させてもらったのです。以前の石高には及びませんが、家康から十五万石以上与えてはならないと言われるにはひとつにはそれ以上与えると徳川家から離れてしまうのではという気持ちがあったとも言われています。さらに家光の時代においても家光が手放さなかったそうです。そのために柳川にいる期間が短くなったのは皮肉なことです。





たまにこんな曲(なまえのないうた)も聞いています。






FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ













theme : 今日のつぶやき
genre : 日記

tag : 宗茂 清正

意外と臆病だった欧米諸国

地震の後 福島第一原発の騒ぎが
原爆投下した国と被爆した国がまるで反対のような対応でした。




 と同時にアメリカの取材能力がこれほどレベルが低いというか稚拙な内容に
びっくりさせられました。視聴率を上げるためなら相手の国がどうなろうと
かまわずに、まるで今回の事故で 福島発電所が核爆発を起こしてくれることを
期待しているかのような印象を受けたのです。


 確かに初期段階で日本政府の情報開示の仕方が不適切だったことは認めるとしても
その後のNHKでの放射能の量や状況についての解説について十分納得のいくもので冷静でいられました。


それにしてもCNNはマイクロシーベルとミリシーベルの単位をとり違えたのでしょうか
外国での騒ぎようはまるで反原発運動の差し金かもしれないと思いました。



それにくらべてBBCやアジアのほうではこれも意外…冷静な分析をしているのには驚きです。
とはいってもやっぱり中国はデマが飛びかいまたお祭り騒ぎ






そして、最前線で命をかけて任務を淡々と進めている姿に感動します。・・・まあ、
ほんとうはこの姿こそ日本人には普通だと思います。今までいろんなところで影の部分で名もない
人たちが それこそ命をかけて真剣に仕事に励んでいる姿をよく見かけました。


 いまひとつずつ難しい課題をこなしていますが油断はなりません。あの大地震と大津波が通った後
ですので何が起こるかわかりません。勇敢な男たちが放射能の恐怖と闘いながら汗水をたらして頑張って
いますが、早く奥さんの胸の中に飛び込んで「かあちゃん 怖かったよ~」 と泣き叫びたいと思います。(^。^)













FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ











 

theme : ありがとう
genre : その他

tag : 福島第一原発 CNN BBC

ものわすれ

お鍋焦がしちゃいました。



弟がしばらくの間母に会うためにこちらに来ていました。
おでんを作って暖めていたのですが、昔の写真を見ている間ついつい時間か経ってしまったことを
忘れて派手に焦がしていたのです。すぐに水を流し込むと しばらくの間沸騰し続けていました。
すべてダメになったと思ってあきらめましたが、弟がもったいないからと
およそ1/3の具材を回収して味付けをし直して食べたのです。焦げ臭い中を





最近物忘れが多くなってきて心配しています。
学生時代は、びっくりするほど物覚えがよかったのです。
無意識ですが、本を見ているとその画像が一週間ほど頭の中に残っているのです。
上から何行目に書いてあるものを思い起こすことができたのです。
ただ、これが学業に応用できないってことが玉にきずですが。(+_+)
要するに好きなものにはとんでもなく記憶力が優れていてノルマを与えられると逆に
忘れてしまうという副作用が勉強嫌いにしてしまったようです。(^。^)




最近野鳥の会にはいったのはいいのですが、なかなか鳥の区別ができないで
恥ずかしい思いをしています。皆さんすぐに鳥の名前を覚えてすごいなあと感心しています。
そこで、一つの方法を思いついたのです。江戸時代の手配書の人相書きは絵で表現せずに
特長を箇条書きにして書かれています。(時代劇に出てきている人相書きは嘘っぱちだそうです。)
意外とこれが役立っているのです。

それで図鑑にのった特長書きを基にして覚えることにしました。・・・・
役に立ったかどうかの結果についての報告は勘弁してね。(*^_^*)















theme : ことば
genre : 学問・文化・芸術

tag : お鍋 焦げ 記憶 忘れる

湯呑茶碗

食器を洗っている最中に母のご飯茶碗にひびが入ってしまいました。
陶器の食器にも耐久性の限界があるのでしょうか


私が小学生の時に父のために湯呑茶碗を購入してあげたことがありました。
あげてから かれこれ数十年たってからその茶碗が畑に置いてあったのを見て、どうしてそこに置いてあるのか、父に尋ねたところ20年間使っていてある日何もしないのに「ピシっ」と音を立ててヒビがはいったとの話でした。そしてそれを捨てられずにいて畑仕事をするたびに二つに割れた湯呑茶碗を見ていたと話をしていました。

私が子供の時の小遣いなんてわずかなもので購入したのですから、大した茶碗でもなかったのに…・と子供心としてはうれしい話です。




 こういう製品も大事に使っていくと愛着がわきますが、と同時にこの茶碗どんな人が作っているのだろうかと思いめぐらしていました。大量生産するように鋳型にポンと材料を入れて型をとってハイ出来上がりという どれも同じ均一な製品と違って、手作りになると作った人たちのクセというものが製品にオモムキをかもし出します。それを歩留まり品としてみる消費者も多いのですが、でもここで、じっくりとその規格外品というものに目をとめて眺めるゆとりというものがほしいですね。

 何げないものに意外な美というものが潜んでいることがあります。・・・と、私は安物品に人生の潤いを感じているわけですが。(貧乏性です)





FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ

theme : ひとりごと
genre : 日記

tag : ご飯茶わん 湯呑茶碗

テレビの無い期間

しばらくテレビの無い日々が続いています。

母親がしばらく旅行に行くちょうどその日にテレビが故障して映らなくなりました。
最初はあわてましたが、しばらくテレビがない日があってもいいじゃないかとあえて修理もせずそのままの状態で2週間ほど過ごしてみました。

 最初は、室内の中で一人何の音も無いので違和感がありましたが、すぐその状態に慣れ逆に本などまたパソコンなどで時間をつぶすというより、積極的に頭に知識が入るようになってきたのです。
テレビですと、そこは受身ですので一見情報が入っているようで必ずしも、費やした時間分が頭に入っているわけでなくほんの一部のみ印象や・関心のあるものが残っているだけでした。

 テレビがないと、逆に積極的に知識を貪るようになってきたのです。こういう経験もたまにはいいなと感じるようになりました。今度はパソコンなしでやってみようかな。

そんなことより、私と遊んでホシイノ ! ・・・・・ 少し古いネタになってないかい。
ほしいの目線







ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ








theme : いま想うこと
genre : 日記

tag : テレビ

人生は五十まで

長生きしたいという心情はなぜなんだろうと考えてみました。

何人もの身内を見送り続けると、私の人生は五十歳まででいいかあーと思ってしまいます。
家族を病気で失うとあの時もっと大切にしておけばよかったといつも後悔しています。また小さい時に兄弟喧嘩したことを今になってなぜあの時に殴ったのだろうと心の古傷に触れてしまいます。

大切な存在なのになぜか争いの種は尽きないでいます。それが人生なんだと考えてしまうと楽なのでしょうが、ふとお互いの存在にも寿命という壁によって絶たれてしまうことに気づきました。期限という制限枠があると意識した時にふと一期一会の大切さを悟ることになりました。

今ちきちきも家族同様に私たちのことを心配してくれています。はしゃぎまわっている時に、私が咳き込んだりしたら急に近寄ってきてどうしたのっと見上げて心配そうにしています。逆にリードを木に結わえて離れて姪っ子たちと遊んだりなんかしたら、泣き続けて涙を流したりしています。小さい犬ですらこういう風にして家族との絆を大切に感じています。

以前にプチボランティアでお年寄りの面倒を見てきたことがありますので、その経験から家の母の寿命も後どのくらいかなあ~なんて不謹慎なことを考えますが、決して長さを考えるより今この時を大切にしていくことで後悔しないようにしたいと思います。

それにしても、独身男がいつまでも長生きしても疎まれるだけで、どうせ誰も私の面倒見てくれる人いないから健康管理なんかにあくせくすることなくメタボリックで早くオッチンジマッタほうがお気楽な人生かなと最近考えるようになりました。


家に来た頃のちきちきは可愛かったなあ~
家に来た頃のちきちき

可愛がりすぎてグウタラになってしまったちきちき・・・・ウルチャイ<`ヘ´>
今日のちきちき






ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ


theme : 考察
genre :

プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク