たまにコース変更 散歩

今回の散歩はひさしぶりにHoluxのLoggerを使いました。




~ってそれなんだ。と疑問に思われるかたのために↓
GPSを使って足跡を記録するグッズです。それで今日お散歩した記録がこれ↓

Holux-Loggera2.jpg

ただスタートボタンを押して首にぶら下げてぶらぶら散歩するだけで記録が残るので楽です。
ついでに写真も撮っていくとカメラの時刻設定とLoggerの時刻を一致させることができるので地図上で撮影場所も合わせることができます。微妙な時間のずれを秒単位で設定変更もできるという優れもの。
今回は曲がり角ごと撮影をしていますのであとで忘れても思い出せるような仕組みにしました。・・・ 認知症になった時に使えるかも。



そのほかの機能として↓

Holux-Logger-速度・高度a2

歩く速度(緑色)と海抜高度(青色)までグラフで表示までしてくれます。立ち止まると速度0になっています。時として海抜0mの所も歩いたようです。


そんな面白い機能があるのですが、もちろん欠点があります。
アメリカによる安全保障上のGPSのずれです。↓

ずれ

数メートルのずれで川の中を歩いたことになりました。
まああまり細かいことを言うと器の小さい奴と思われるのもなんですから。
登山で使用するには何かこの微妙なずれが気に入らないので山登りには使用しないでいました。
できれば国土地理院(1/25000)の地図で使えるとなおいいのですが
大雑把な使い方ではこれはこれで良しとしようと思っています。


それで肝心なLogger本体の写真↓

黄色い奴

左の黄色いフィルムケースのような格好したやつです。これを首にぶら下げて歩きました。
散歩ではこれに小型カメラとwalkman
カメラは手のひらにすっぽり入る程ちっこい物でしたら他の人の気を引くことはほとんどありませんでした。
(左下の小さいものはPCにつけてbluetoothで接続するものですので今回持参していません。)





いくいくはJAXAのほうから内閣運用の(みちびき)という準天頂衛星を数基打ち上げてGPSの精度が抜群に上がることを
期待しようと思っています。

今計画しているのは探鳥会のデータどりに使えそうと考えているからです。
今そのために勉強しているという状況なんです。まあ覚えるより忘れるほうが多いような気がするけどきっと気のせい。
ルート上の植物の存在を記帳して実がなる時期に野鳥がいる可能性の高さとの因果関係とか。
今読んでいる本が下記

原寸図鑑 葉っぱで覚える樹木PDF-1a

うちの周りに多くの木が植わっているのに名前すら知らないというあほですから参考程度に。



野鳥と木の実PDF-1a

今回の思いつきがこの本でした。 学術的というよりは長年の経験から割り出したデータだそうです。
でも何か得ることができる可能性があるとみています。  ・・・ だといいんだけど。また尻すぼみかな~。











FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ






スポンサーサイト

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

tag : Holux Logger 散歩 みちびき 野鳥

思い出の菊池・阿蘇スカイライン

12月28日 菊池・阿蘇スカイライン片側交互通行で復旧 ただし当面は午後7時~午前7時は全面通行止めとなる




というクマニチの速報が届いたのです。なんかやっと塞がった壁の一部からわずかながら希望の光のようなものがこぼれてきたような気持ちになりました。なんせ私の慰めはアウトドアで 人生の大半が阿蘇・久住とかいう遊び場所ぐらいしかなかったのです。
猫も杓子も海外旅行という流行の中でなぜか私はご近所の山の中を歩き回っていたという変な人なのです。
「決して毛等が嫌い」とかそういうたぐいのものではありません。おかげで親戚・友人たちから「結婚まだか」と何度も問われていたのも絶えて久しくなりぬけりになってしまいました。要するにあぶれちゃったのです。




このルートは家族や一人で時間帯も昼夜関係なく走行していて阿蘇・久住と自宅へのいつも使っている道でした。
それゆえに楽しい思い出の道でもあるのです。
それでgoogle earthで地震後の状況を覗いてみました。






ref:google earthより

上からの写真 4月頃
google災害地図1

災害前の現場の写真
google災害地図2






別の上からの写真 4月頃
google災害地図3

災害前の別の現場の写真
google災害地図4


ref:熊本県の公式写真
災害後の現場写真
熊本県の災害災害状況写真1






ざっと見ただけでも重機を使えばここまで時間はかからないようにも見えるのですが、
現実には広範囲で災害があるためまた他の地でも同様の災害が多発しているために仕方がなかったのかと思いました。






またこの道を利用してドライブに行けそうで、楽しみです。










それでまた別件
以前「こうのとり」の打ち上げblogに掲載しましたが、同様の別の写真をJAXAに送っていましたら何と掲載してくれていました。
私の他にも多くの方が投稿していて面白かったです。遠方の方は岡山からも見えたようです。すごい
ほとんどの方はバルブ撮影による光跡写真でした。


こうのとり6号機/H-IIBロケット6号機 打ち上げ写真集

もしまた機会があったら皆さんも挑戦してみてはいかがでしょうか。





FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ










theme : 街道の旅
genre : 旅行

tag : 菊池阿蘇スカイライン 災害 打ち上げ写真

道路

以前姪を福岡まで車で送った時に



懐かしい気分を思い出しました。
夜あまり通りのない道路をただひたすら走行する際 意外と室内が静かに感じることです。
特にひとり真夜中、田舎道を走るときなんかもう結構速度を上げていても普段ディーゼルエンジン
なんかうるさく感じていたのが安定した回転数を維持し続けているだけで静かに落ち着くのです。
風切音がまた最高。永遠にこの状況が続くといいなと思いながら。
運送業者や飛行士の夜間の操縦がまさしくこのような状況なんだろうなと想像してしまいます。

たまにこのような状況の中に身を置くのはいいと感じますが、毎日だとさすがにつらいだろうなと思います。




それで近況報告になりますが、毎月血液検査等の診察を受けることになっていましたのでやったのです。
少し体重が増えました。従兄が東京に引っ越したのでその油断というわけではありません。
母の面倒みているとストレスがたまるのです。その影響が一番大きいのです。
それで急きょ 何か対策をたてなきゃということで、

やっぱり食事療法になります。
好きなラーメンを1/3~1/2に減らして食べています。


P1030713a.jpg



でも そのあと果物の入った寒天を

P1030730a.jpg

食っちまったんだよな~ (T_T)





FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ







theme : ひとりごと
genre : ライフ

tag : 夜のドライブ 寒天 糖尿病

大間山登山

また近くの山へ伺いました。


懲りもせず自宅から野鳥を見ながら ゆったりと民家の間を縫うように小さな公園やら

P1020708a.jpg

住宅地内の川やら野鳥を探すのですが ほとんど見かけることがないのでした。時間帯がまずかったかも。

P1020710a.jpg

さらに麓 目指して歩いて、前回双眼鏡ひとつで登った大間山です。この時は写真機を持っていかなかった。

P1020712a.jpg

登り口は桜満開の三池公園から この麓まで住宅地が密集しているのです。
写真右側の道路は八角目峠へ向かいます。帰りはこの道をたどって戻ります。

P1020715a.jpg

桜咲く木の下を歩いて

P1020716a.jpg

宴のあとのゴミの山 大牟田市民の民度はこうも落ちてしまったのか。もうこの町の名産品はゴミと犬の糞ぐらい。

P1020717a.jpg

でも昔ながらの公園を歩くのはいいもんです。

P1020718a.jpg

逆からのぞむと ゴミさえ無ければ出足快調というところですが。

P1020719a.jpg

P1020720a.jpg

公園の端に鳥居があるのでここから本格的に 趣あるなあ~

P1020721a.jpg

お宮の石段もまたいいなあ~ きついけど なんか歪んでないか~

P1020722a.jpg

麓近くの登りの道は粘土質ですが滑ることもなく気楽に登れます。

P1020725a.jpg

山の中腹にはお宮さんがお守りくださっていて一言挨拶をして登ります。

P1020729a.jpg

山全体の植生は自然林が多くて結構好きな山です。

P1020730a.jpg

そして頂上へ 花が植えてあっていいなあ~。

P1020738a.jpg

下から望遠鏡でのぞくと見えるサクラの木ではないかと思う。

P1020742a.jpg

頂上にはなんという神様か知らないけど、鎮座してらっしゃって ・・・ 何ていうんだろう

P1020743a.jpg

何やら立札に書いてあるものを読んでみると 地質学的な話が
大牟田は新生代古第三紀層に覆われたものだったということはつい最近まで海の底ということだったのかな
5500万年ぐらい前か。

P1020745a.jpg

それで南に目を向けると先日登った三池山が薄ぼんやりと見えて。

P1020746a.jpg

ここから我が家が見えるのですが、双眼鏡使ったら見えました。自動車までも見える。
果たしてどこにあるでしょう。画像が粗いのでわかりませんね。

P1020748a.jpg

そして恒例のお茶タイム・・・今回はコーヒーです。

P1020750a.jpg

挽きたてのコーヒーというわけにはいきませんが、それでも至福の一服

P1020753a.jpg

コーヒーを飲んでいたら逆方向から年配の女性と出会いました。
どこから登ったのかと聞いたら三池山まで行ってきてここまで戻ってきたという話。
同じ道を下りるのは無粋と思ってその道をたどることにしました。

P1020754a.jpg

八角目峠に降りる道にたどりついて、ここからこの道をくだります。

P1020756a.jpg

この道をたどるのは初めてですが、なかなか趣があります。プロムナードコース

P1020759a.jpg

そして民家に近づき 明けるのはいいのですが伐採をやっていて残念。生活のためなので文句のつけようがない。

P1020761a.jpg

そしてここが八角目峠です。車道になった道路に降りたって。

P1020763a.jpg

蛇行して下る道路の合間の短絡コースの中にはお宮さんもあってなかなか

P1020765a.jpg

そしてアスファルト道路のコースを 高橋真梨子の歌を鼻歌交じりに 俗界へと戻るわけです。

P1020768a.jpg







FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ









theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

tag : 大間山 コーヒー 三池公園 八角目峠 新生代古代三紀層

フライトシュミレーション 世界一周 3

またまた飛行機ネタで申し訳ありません。



最近ちょっとだらけ気味ですが、あれからまた懲りもせずに飛び続けていたら
ただいまこの辺りまで来ています。アラスカ~

アラスカの付け根

前回17まででしたが、今回はなんと62です。といってもアラスカの根元のあたり ほんに世界は広かですな~
まあアメリカは飛行機の国だというのがよくわかりました。こんなに飛行場があるなんて信じられません。

一つ一つ丁寧に飛行場の名前やら紹介したかったのですが、もう面倒くさくて~・・・・ 






それで、今回は変わった飛行場を
盆地みたいな飛行場やらあってどうやってアプローチしようか最初は戸惑いました。

Alaska Driftwood Bay Air Force Station (AK23)

19 Alaska Driftwood Bay Air Force Station (AK23)という名前だそうで、基地みたいな感じですね。







そしてGPSで頼りにしていたら、あれ・・・水上機の飛行場なんかもあるので 飛んでる途中から
飛行艇に変えたりして、

グース

グース 第二次大戦時から使われていた水上飛行機です。
見る角度によってはかっこよく見えたりもします。







長丁場になると時には夜に着陸なんてことにもなります。

Alaska Sand Point (PASD)

26 Alaska Sand Point (PASD) これはこれでまた面白いものです。






北方の土地はまた気象の変化も激しくて 霧の中で飛行場を手探りで探すことになります。
そのため、何度も飛行場の上を飛び越えたりします。

27  Alaska Herendeen Bay(HED)

27 Alaska Herendeen Bay(HED) 





そしてそれとは全く反対に穏やかで静かな時もあり

32 Alaska Ivanof Bay (KIB)

32 Alaska Ivanof Bay (KIB)  近くの山に登って見たいような





たまには飛行機を変えてみたりして着陸しようものなら
今まで乗っていた飛行機と一味違って、滑走路の手前に着地したりして

33 Alaska Perryville (AK5)

33 Alaska Perryville (AK5)  あ~ やっちゃった~ ・・・・





訪問した土地の写真でもあればとWebで探してみたりするのですが、ここまで田舎ですと周りの景色の写真はあまりないのです。雰囲気だけでも醸し出したかったのですが、残念なことに。








FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ













theme : 飛行機
genre : 趣味・実用

tag : アラスカ

またはじめました

また性懲りもなくフライトシュミレーションで世界一周なんてことやっています。




 それで、また性懲りもなくmauleという軽飛行機で
こっそりと熊本空港からすでに北海道まで行っていたんですね。

そして、昨日は女満別空港からカムチャッカ半島まで向かいました。
前回はまだ操縦の扱いに慣れていなかったせいで途中で燃料切れという最悪の状態を招きましたが、
今回は無事に到達することができたのです。

北海道を飛び立っている時の図 ・・・ 結構心細く感じました。(笑)

北海道からカムチャッカへ


地図でいうと

カムチャッカへ



実はゲームということで16倍速という反則技を使っちゃいました。
ということでいきなりYelizovo(UHPP)という空港へ着陸

Yelizovo(UHPP)


都市の名前はペトロパブロフスクカムチャッキーだそうな。

カムチャツカ半島南東部にあり、太平洋に面している。アバチャ湾の奥にあり、天然の良港とされている。ただし、ロシアの他の都市と連絡する陸路はなく、生活物資の輸送や産業活動の展開は海路と空路に完全に依存している。ウィキペディアからのコピペです<(_ _)>

詳しくはインターネットで調べてね。



田舎なのにやたらでかい空港でした。

Yelizovo(UHPP)



一応着陸したのですぐさままた離陸

離陸




次回へと続く   ・・・・ ネタ切れの時に使います。(^^)








theme : ゲームプレイ日記
genre : ゲーム

tag : フライトシュミレーション モール カムチャッカ半島

旅に出たい

たま~ には一人旅をしたい





学生時代によくウィスキーひと瓶と岩波文庫一冊持って鈍行列車に乗って当てもなく彷徨っていました。
(今はアルコールは飲んでいません)

この行き方は本当に行き当たりばったりなやり方でわかれ道があったら枝を空に投げあげて落ちた方向に向かったり、どこまで行くかはその時の財布の事情次第で決めていたし、旅先でくつろいでたまたまそこの人と雑談して気が向いたところに行き先を決めたりと計画性のない旅でした。
しかも腕時計も家に置いていきます。・・・時間に縛られないところがこの旅の醍醐味なのです。





ただ一度だけ失敗した旅行があります。それは山登りの話です。ここでも計画性のない山行を敢行したのです。
地図は持っていったのですけどコンパスを忘れていたのです。そのためにとんでもない藪漕ぎをするはめになったわけで、12時間歩きっぱなし下山して風呂で休息を取ったら寒さで体の震えが止まらくなったのです。
疲労の限界でした。











FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ 

theme : 小さな幸せ
genre : ライフ

tag : 腕時計

あの時をもう一度(2)

普通シュミレーションしてから現実へと進むのですが、煙と何とかは高いとこが好きとか
の理由から またもや前回からの続き ・・・・ごめんね~<(_ _)>




焼岳から穂高へコースを変える前に穂高の麓を低空で

河童橋?



おそらくここがかの有名な河童橋の辺りではないかと思うのですが、
下は実写版

河童橋



そのあと急激に機首を引き揚げて西穂高の峰の上を通り越し ・・・スピードの上げ過ぎにご注意

穂高連邦


実写では

穂高



穂高の西側を素通りして

穂高



さすがにシュミレーションではジャンヌダルムまでは見えませんが

穂高


PC版はさすがに穂高に見えませんね。(^^)
そのあと穂高から槍岳をめざします。
ここでもアッレーな風景になります。

槍岳?


例のとんがりがないのです。
おなじみの実写では、

槍岳






さて、実際に遊覧飛行では黒部五郎岳や薬師岳など通過しますが、これらは割愛して(いつもの怠け癖)
黒部ダム湖の上流部から侵入していく風景をシュミレーションしました。

黒部川上流

黒部ダム上流から

2011-4-10_1-49-42-58.jpg

2011-4-10_1-51-4-345.jpg



ダム湖を上から望むと

P1010213a_20110411040949.jpg


そして黒部ダムに到達すると何じゃいこのダムはという光景になりました。(^.^)

黒部ダム




ここで、私のPCが性能が低いので画質を落として操作しています。
それで動きを犠牲にして最高画質で見てみました。

黒部ダム 高画質

そこそこきれいな画質にはなりますが、輪郭はあまり変わらないようです。
同時に雲が黙々と出てきてしまいました。



実写版でのダムは

黒部ダム 実写版






  つづく (^.^)/~~~


  
 







 
FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ






theme : PCゲーム
genre : ゲーム

tag : 河童橋 穂高 黒部ダム

森のアトリエ(先々月の話) その二

いや~ いろいろと忙しくて更新が遅れてしまいました。


森のアトリエでの宿泊の続きです。

食事の後 天体観測の説明が8時30分と9時30分との二部に分かれて行われますので後半に説明を受けるようにしました。そのため食事後1時間ほど空き時間ができましたので、ここの小さな図書室で本を読みました。
ここの経営者の趣味でほとんどが天体に関する本で、これが結構充実していました。

ただ読書する場所としてはちょっと暗かったなあ~





さてルナ天文台での説明を受ける番になりましたので、らせん階段で3階まで上がります。
写真撮影は残念ながらフラッシュがたけませんのでありません。
かわりに↓の写真で

掲示板


この日は朝から曇りでしたので、うまく望遠鏡から星が見えるか心配しましたが次第に晴れあがって後半はうっすらと天の川が見えてきました。天体観測の説明は冬の大三角形について面白い話を聞けました。ベテルギウス・シリウス・プロキシオンという星です。
残念ながら土星はまだ遅い時間帯でないと見えないとのことでこれは残念。




説明会終了後 晴れ間が出てきたのでちょっと寒く暗い外に出て星空を眺めました。

夜景

星空は撮られないので森のアトリエの夜景写真




その後は、グダグタと雑談をして就寝に入りました。
こんなあんばい ↓

寝る




朝は少し早めに起きてまたもやお風呂に入りました。24時間okだそうです。
それで肝心の朝食ですが、更新をさぼっていましたので何を食ったか思い出せません。
昨日の夕食ですら忘れるのですから致し方ないわ。





そして今年入って初の不幸が起こりました。
母の容体が良くないので、急いで主治医のもとへ帰ろうと急いだところなんと
駐車場で接触事故・・・・痛い出費(T_T)  ただもう平謝り











FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ


theme : 国内旅行
genre : 旅行

tag : 森のアトリエ 接触事故 ルナ天文台

森のアトリエ(先月の話) その一

先月中旬の話


 母の具合が悪かったので、先に旅行に行った時の話を今回の更新としました。

姪が母のためにわざわざ帰ってきていましたのでどこか思い出に残るような
旅行を計画しましたが、あいにくの雨続き。姪の不断の行いが災いしていたようです。



 先に天体望遠鏡を持っている森のアトリエの話を掲載していたせいで、たとえ雨が降っても
どうしても行きたいと珍しく駄々をこねていました。一週間の滞在期間中曇り天気の日が
あったのでこの日旅行を決行しました。






 出発から途中の経過は前回ブログにも記載していますので割愛しますが、今回途中で萌の里に立ち寄りました。
萌の里と聞いて、姪は「オタクの聖地かい」とからかっていましたが実際には道の駅になります。

もえのさと


こんなところで、見晴らしは抜群で阿蘇に行く時はよくここで休憩していきます。

萌の里 みはらしよし

毎度おなじみの物産展もあります。

物産店






そして今回は、これもまた珍しくペンションでおやつを持ち込もうと計画
ドイツ菓子で有名な ホーゲルというお店に行き

ホーゲル



米塚のクランツというケーキを購入しました。
あまり甘いケーキを好んで食べませんが、このケーキだけは気に入っています。

米塚のクランツ







そしていつものように少し早めにペンションに到着しました。
森のアトリエに久しぶりの二回目です。

森のアトリエ




今回は三人部屋では姪は嫌がるかと思いましたが、ロフト付きの部屋で納得してくれました。
そのロフトから 汚いあんよ

ロフト付き


部屋からはここのルナ天文台が見えます。姪は楽しみにしてはいますが、当日は昼から
曇り空。もし雨天になった場合は、プラネタリウムにプログラムが変更になりますので
これはこれでまた別の楽しみにもなります。ここのプラネタリウムは寝ころんで見ることができるとのこと

観測所




ちきちきの散歩をして のち

ちきちきの散歩



ちきちきのゲージに毛布を敷きつめて今晩は車中泊
一晩我慢してもらいます。「おやすみ」

車中泊



今日は明日こちらで結婚式があるためウィークデーにもかかわらず多くのお客が来ていました。
そういうわけかもしれませんが一家族40分の岩風呂を割り当てられましたので、姪は岩風呂に行って
私は家ぶろ、母は持病をもっているので室内の風呂に入りました。
姪はもし時間の制限がなければいつまでも岩風呂に入っていたいとのたまわっていました。



夕食はフランス料理を堪能

メニュー

姪はフランス料理は初めてでしたので、テーブルマナーについて教えました。…得意げ(^.^)
ただ残念なことにパンにバターをつけて食べるのが普通ですが、お酢のようなものをつけて食べるように
との薦めでした。いま一つおいしくなかった。料理全般はおいしかったのですが、




  つづく


















FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ











theme : 国内旅行
genre : 旅行

tag : 森のアトリエ 萌の里 ホーゲル

プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク