焼き鳥

以前書いたソロストープを使って焼き鳥ができるかやってみました。




なにごとも大切に扱う性格です。斬新なものと飛びついて買う性格ではないのですね。
ひとつ購入したら徹底的に使い込むほうなのです。
ということで今日のテーマは現地で焼き物ができるかということで焼き鳥を試してみました。
youtubeに出ているような現地でまったりと料理と食事を満喫するようなファミリーキャンプ風な目的ではなく最小限のエネルギーで最大限の効果を出せるかというただの好奇心です。どちらかというと山ヤ風

アンチテーゼを提起するとかいうアホな話ではありません。

いつもレトルト食品を温めるだけというのもなんだし。
エネルギー源としてお餅または御握り、お野菜は現地まで行く間に山野草を拾い集める または畑に植えてあるお野菜をくすねるとか(これは犯罪です)。






ソースはこれを使って

焼き鳥のたれ




鳥ももを小分けしてタレに付け込んで冷凍庫にいれていざアウトドアに行くぞとなった時
持ち出せるスタイルにしてみました。ということで肉はカチンカチンに凍ったままです。
山登りや現地に行く間にゆっくり溶けて目的地でちょうどよく柔らかくなっているだろうと想定しているのです。

もちだすぞ




それでソロストープに入れる燃料なのですが、
ソロストープに入れるために大きさを決めていちいちノコで切り分けました。
直径7cm長さ50cmほどの枯れ枝と設定しています。これで鳥モモ一切れ分が十分に焼けるかどうかの実験です。

現地で入手できるであろう燃料は、自分の想定通りになるとは限りません。
雨が降ったら枯れ枝はスポンジのように水を吸い込んでしまい白い水蒸気が煙るだけになります。
ということでとりあえず燃料はこれを持参することも次回に検討してみます。

燃料



サイズ的にはばっちりとまではいきませんが、でもこの通り入ります。
現地でやろうとしたらいちいちメジャーを計るわけにはいきません、自分の体のサイズのどれかをあてはめたりして
適当なサイズに切断していきます。それでもノコで切りにくい個所に出くわすわけで思い通りではありません。
アウトドア用に持参するノコはできれば薄手で歯の箇所と取っ手が長いノコギリのほうが扱いやすいと思いました。
木を切断するにはそれなりに要領があります。経験が浅いと短い枝を持ってノコで切ろうとすると引っ掛かってやりずらいなどあります。要は慣れです。← 田舎もんですから。

ピッタリサイズ?_



では着火
最初は枯れ草を山盛り詰め込んでいます。

刈れ草だけ



それから 小さな小枝を投げ込んでいくと、
あれ消えちゃった。と思うでしょう。

小枝




息を軽く吹き込んでいくと、ちゃんと盛り返すのですよ。
小さなものから次第に大きな枯れ枝と燃え継いで行くのは定番の業ですね。

盛り返す



なんだか火遊びしているみたいで楽しいな。
ずいぶんまえに代々農家をやっていた人の話で、焚火の時の煙の色について話を聞いていました。
その色の時堆肥として非常に都合がいいんだとかなんとか。もっとよく聞いておけばよかった。

順調です




完璧に無煙で焚火をこなすなんて技はよくやれません。
でも今回はオキをなるべく多く作る作業なのです。
ああ、へたくそですね。こんなに炎をあげてしまっています。
ゆっくり蒸すようにジワジワ木酢を飛ばしたいのですが。

オキづくり




できればこんな感じかな。

じわじわと





せっかくだからこの時の熱を利用して凍った肉を溶かそうか鍋に水を入れてお湯を作ります。
と鍋の底にススが付いてしまいますが、

解凍




そうやっていくとまた炎をあげてしまいます。

よく燃えてます。





そこにまた大きい枝をくわえて消炎

抑制




そうやってオキの完成です。
枯れ枝の水分やら何んとかが飛んで体積がこんなに小さくなりました。

オキ





それで解凍し終わった?鶏肉を乗せたら ・・・・  あぜん。やっぱり。
はみ出している。

あぜん







でも大丈夫ですよ。遠赤外線の威力を充分に感じられるような威力でした。
ちゃんと焼けたのです。
なんか肉が減ってないかとお気づきの方。ご心配なくもうすでに食べたのです。うまかった。

あら不思議




4個も鶏肉はいりませんでした。私には2個で十分すぎます。
タレに漬け込んでいますので結構重く感じるのです。それで余ったものは綺麗に切り分けてタッパに入れました。
晩御飯のおかずです。

うまかった






結論として
木炭持っていけば手っ取り早い。ということではなく
ソロストープ利用で燃料を現地調達して焼き鳥は可能ということが分かりました。
ただし持っていくノコギリを選定する必要性があります。
鶏肉は一人分2切れで十分ですので実際に使用する金網は10cm×10cmのものでもよさそうです。
燃料は30~40cmぐらいで50cmも必要はないようです。肉が焼けた時点でもまだ熱の余力があります。
目標にしている燃料は20cmでしょうか。
なるべく効率を上げて省エネになるように日々研究しなければなりません。 ・・・・ 鶏肉2切れのために。 (^。^)







FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ





















スポンサーサイト

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

tag : ソロストープ 焼き肉のタレ 鶏肉 オキ

孤食

お腹がすいた何にしおうかな






 ということで、台所にあったものを取り上げて

麺食い

めん食いと言われそうですが、目に付いたところのものを適当に拾い上げてみました。







もちろん他にもあったのですよ。

こんなものやら

ちょっと重たい感じがいまいち








さらにこんなものまで

こんなものまで

これは季節外れ




それで選んだものは

おやつラーメン

だんだん面倒臭くなったもんですから、お湯を注ぐだけのもので




それでなんか物足りないかな~ 腹八分目どころかまだ半分にも満たしていませんので
お吸い物系のもので何かないかとまた台所へ駈け込んで

スープやら

探せば出てくるのもので、でもなんか暑くなりそうなのでこれはやめといて ・・・ 絵に描いたような優柔不断




甘いものでは何か・・・いわゆるスイーツ系

あまいもの

これ賞味期限大丈夫だったけ~   




ここで大変なことを思い出しました。3日前にプリン作って食いかけが残っていたのを忘れていました。

食いかけプリンと賞味期限今日までの豆腐


冷蔵庫の中をごそごそ漁っていると 食いかけのプリンと賞味期限今日までの豆腐発見




結局これで一応お腹が満たされました。





ここまできたら できれば 食後の飲み物も検討してみることに

飲み物


最後に ここは迷わずにアイスコーヒーで〆ということに

アイスコーヒーの準備

準備完了です。


そしてできあがり

アイスコーヒーの出来上がり


一人だといつもこんな調子で、誰か暇もて余している人がいたら一緒に外食にでもいきたいなあ~







FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ







theme : ごはん日記(写真付き)
genre : 日記

tag : 麺食い アイスコーヒー 優柔不断 孤食

よくやること

今日も馬鹿な事をしました。


最近ダイエットをしていてお昼は2・8蕎麦なんぞ考えていましたがついそばにあるスパゲティに目がいったばっかりにしばらく迷い続けました。それでも誘惑に負けてはいけないと思って蕎麦を作り始めたのですが、


蕎麦



なんと気がつくとミートソースも温めていたのです。私のアホー(T_T)

ミートソース



それで仕方がないので、食わざるを得ません。

ミートソースそば

名づけてミートそーば・・・そんなのどうでもいいか


それで食べました。
お味は、ミートソース味の蕎麦でした。そのまんま
あんまり美味しくなかった。




ところで、この光景はきっちりと見られていたのです。

あら見てたのね~

こいつです。(V)o¥o(V)





FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ




theme : うどん・そば
genre : グルメ

tag : 蕎麦 ミートソース

カニ味噌

カニ味噌が食いたいということで


以前にお邪魔したサイト(Dayly Portal コネタ508)の中で納豆を一万回かき混ぜた方がおられカニ味噌の味に近いという話がありましたので、さっそくまねしました。といってもこの方の場合は手動で一万回もかき回すというとんでもない方でしたが私の場合は手抜きのハンドミキサーです。
前準備

納豆は博多納豆で2個分です。果たしていかなることに


かき混ぜ前の状態から
かき混ぜる前



かき混ぜ一分後
一分後



かき混ぜ5分後
かき混ぜ5分後



かき混ぜ10分後
かき混ぜ10分後



かき混ぜ20分後
かき混ぜ20分後



この段階でものすごーく粘り気が強くてハンドミキサーが熱くなってきましたので中断しました。
これにタレを入れてさらに5分かき回して、
たれを入れました。



出来上がりです。
そして終わりです。




それで試食です。・・・・・ま、まずい。(-_-;)

朝ごはんに一緒に入れてみましたが、母の意見も同じで残してしまいました。
メーカーにもよるかもしれませが、これはさすがに匂いの方が強く出てしまいました。
これは鍋に入れた方がいいかもしれません。

ということで、今日の料理は失敗でした。



お口の臭いが納豆臭くないかい?
ニワトリたち






ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ









theme : 朝ごはん
genre : グルメ

tag : カニ味噌 納豆 かき混ぜ

木苺のジャム

数日前に木苺のジャムを作りました。


家族では竹の子を食べきれないので余分にニョキニョキ出てきている竹の子を刈り取らなければなりません。なにぶん竹の子は小さいものを採るとそれに刺激を受けて立て続けに出てきます。そのために数日おきにスコップを担いで採りにいっていたため雑草のことをケロッと忘れていたのです。それで、下調べしたら背丈以上になってしかも葛がはびこっていました。その中で赤い実をつけた木苺を見つけました。
雑草の中の木苺



それで今日はジャム作りを考えました。
木苺



雑草を刈り取る前に木苺の実を収穫しました。
収穫



まずは計量。  この日の実の重量は600g それで砂糖は300gの勘定で計画します。
計量します。



実を崩さないように水洗いしたあとは網にすくって十分に水分を落としたら、鍋に入れて砂糖を上からかけてしばらくおきます。鍋の底に実から染み出した汁が出てきます。
砂糖にまぶします。



そしてなべをコンロに置いて火を通しますと、あれよあれよと実から汁がどんどん出てきます。しばらくこの状態を続けていって水分を飛ばしていきます。
火を通します



沸騰し始めると灰汁が出てきますので、灰汁とりを行います。
あくとり



と同時にジャムを入れる容器を煮沸しておきます。
煮沸します



当然のことながら煮沸後は乾燥ですね。
乾燥



鍋の火を落としたあと、しばらく置いて荒熱を落としときます。
充分に熱を落としておかないとガラスの容器に入れたときひびが入ります。
ちょっと入れ方が下手かなあ~^m^
ジャムを入れます。



そして瓶詰め完了
瓶詰め



そしてパンに乗っけてジャムの試食です。
いっただきま~す。
パンに乗っけて




味の感想は、一般のイチゴの味にすっぱみがあって独特の風味が持ち味のようです。
そして種があるせいか粒粒があります。でもこの粒粒を噛みしめる感じがお好きな方もおられるようです。総じてジャムとしては上等だと思いました。
季節ごとに自然の恵みを味わえて、しかも保存食になり最高です。





ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ


theme : 作ってみた
genre : グルメ

tag : きいちご 木苺 ジャム

合鴨の鍋

今日は鍋にしました。

先日より親が東京・名古屋へ旅行兼治療に行きましたのでその日から一人暮らしです。定期的に連絡を入れてくれてまた、途中から、弟の家に立ち寄るそうで、それほど心配はしなくていいだろうと考えています。

さて、問題は私の一人で自己管理をしながら毎日何を食べるか頭を悩ましましたが、天から何か囁く声がしますので合鴨で鍋をしてはどうかと考えました。

ダシを作るのが億劫でパック詰めを買いました。
パック詰めのおだし


それでお野菜は、
お野菜
普通は、鍋の大きさに合わせて野菜の量は加減しなければなりませんが、スーパーでパック詰めになった量をそのまんま放り込む形式です。野菜くずは窓からそのまま放り投げて鶏のえさになります。

それで合鴨は、
丸天に隠れている鴨肉

しまった! 今日の主役の鴨肉が丸天の下に隠れている。・・・・それでも500g入っています。
春雨も多めにそろえています。その他にお豆腐、チャンポン麺をいれました。

それではいただきます。
いただきます。

一人ですので3日間鍋を食べ続けました。少し不足したら野菜やらキノコやらコンニャクを放り込みながらいただきました。


鴨鍋食べたいよ~・・・・その代わりなんとマトンの肉を食べているのです。
鴨食いたいよ~






ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ

theme : 作ってみた
genre : グルメ

茶の湯

先日 白水へ行って水を汲んできましたのでこれを利用して茶の湯をたてました。(先週の話)

と言っても、ハイテク?茶の湯でございます。
まずは、白水の水
白水の水


そしてここでの石臼?(のつもり) ちゃっきり娘
茶っきり娘
この装置はお茶っ葉を高速回転して粉体にするメカです。
今回お茶は煎茶でやりました。

で、この粉体を茶器?(のつもり)に入れてお湯を入れます。
お茶の粉


お湯の温度は85度ぐらいのもので・・・・ポッドの設定温度はこれしかない。(ーー;)
お湯を入れます。


そして、ハイライト 茶筅?(のつもり) で攪拌いたします。
ハンドミキサー

この方法ですと、お茶っぱを全部摂取できて、無駄がなく節約できます。



と言うことで、飲んでみたら やっぱり粉っぽいようなお茶の味でした。<(_ _)>




それで、チキチキはどうかというと
ちきちき
「 んなもん飲めるわけないじゃない。」・・・・ごもっともな意見






ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ










theme : ドリンク
genre : グルメ

tag : 茶っきり娘 茶筅 白水

フキノトウ

立春が来たらフキノトウがたっていました。・・・・エラー起こしたのでこれ書くの2度目

屋外のフキノトウを撮影し損ねていますので、
バケツの中のフキノトウ
屋内で撮ったものを、添付
うちのフキはなぜか大型ですぐにバケツいっぱいになりました。

バケツでは雰囲気がないので、ハナテボに入れてみました。
かご入り


フキノトウを上から見た
このフキノトウをどうするかというと

大なべ
その前に大鍋に水と塩少々を入れて沸騰させます。

水洗い
さらっと水洗いをしたら

煮る
沸騰している大鍋に入れて灰汁を取ります。

灰汁
沸騰をしばらくして、フキノトウを取り除くと灰汁でまっ茶色です。これを間違えて飲むとしばらく口の中がエグミでたたります。

さらに水洗い
取り出したフキノトウを冷水にて水洗い。それでも茶色が残っていますのでフキの灰汁は強いのでしょうか。

きざむ
これを小さくきざんで

醤油やら味りんやら
中鍋に味醂・醤油・昆布・砂糖などを入れてにたてます。

フキを入れてるところ
これにきざんだフキノトウを入れて

煮る
水気が無くなるまで煮立てると

できあがり
できあがりです。
うちで春の恵を授かりましたので、さっそく食べてみました。採集して15分以内に加工をしたせいでしょうか、他では味わえない独特の風味と苦味がありました。酒の肴・または御飯と一緒に食べると美味しいですよ。



theme : 日本の食
genre : グルメ

tag : フキノトウ

ゼリー

友人宅に伺うのにゼリーをお土産に持って行きました。

急に甘いものが欲しくなったので気張って作りました。と言ってもインスタントです。^m^
ゼリー


お湯を作って粉末を入れて溶かす。ただそれだけですが、
今回はハンドミキサーを使いました。(^^)v
とかす


でもこれだけでは芸がないようですので、果物も加えました。・・・缶詰だけど^_^;
くだもの


入れ物はてんぷらを揚げた時によく使いますアルミ製のパットを使用しました。底が浅いということで果物が沈もうが浮こうがほぼ均一に配置が出来るためです。ドドーと流し込みました。
注ぎ込みます


まだ熱い時点で上からラップをかけますが、同時にテーブルとバットの間に敷物を置いてテーブル掛けを守っています。
カバーします。


出来上がりですが、この写真は味見をしています。ちょっとあまかった~。
味見


でお土産として友人と一緒に食べましたが、やっぱり甘すぎて残してしまいました。帰り際に別の女性の友人たちにお裾分けしましたが、さすがその女性たちはペロリと残りを食べてしまいました。恐るべし
食べ残し



お土産は~   ・・・忘れてた~(T_T)
7歳のちきちき




コーギー2ランキング
ランキングにご協力を<(_ _)>





theme : 作ってみた
genre : グルメ

tag : 寒天 ぜりー 缶詰

ほしい時こそ

何かを求めている時に出くわした時一番心に残る。

先日母親が、朝食の時にもう少し食べたいということで何を食べるのかと見ていたら、なんと御飯の上にオカカをのせてしょうゆをかけるのが美味しいからと言って食べていました。戦中派でしたので、何もないときにかつお節の削り節は最高のぜいたく品だったのでしょう。ひもじい思いをしている時こそかなり強く印象に残ります。

それで同じ戦中派の父はどうかというと、御飯の上にねぎを刻んだものに醤油をかけたのが大好きだといっていました。結構贅沢なものが身近にあっても何かとそれを所望したがっていました。

それで、私は何かというと、御飯の上にお塩を少しかけて食べるのが好きです。おかずは無くてもこれで美味しく感じています。両親が結構高い料理屋に私を連れて行っても、インスタントのラーメン食べている時の美味しいという表情は大して変わらないので、親たちをがっかりさせています。たとえそれが安くとも美味しく感じるのですから、安上がりな人間です。

お花を一輪
色気が無いので花一輪添えます。

theme : +おうちでごはん+
genre : グルメ

プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク