スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北アルプス遊覧飛行 3日目 その4

前回の続き




室堂の次に立山連峰の写真を掲載します。
先にダムを見ながら立山連峰の上を通過したためにご本尊の立山の全体像をとらえ損なった為です。それにしても室堂を下に旋回しながら眺めたのは素晴らしい経験でした。立山もまじかに見ることができすごい迫力でした。

立山連峰







雲の合間から昨日ゆっくりくつろぐことができずに通過してしまった黒部平とお世話になった遊覧船の航跡とが対照的に写っていました。黒部湖の水の色はエメラルドグリーンできれい。

黒部平と遊覧船





今度はダムの下流側から 丸山は恥ずかしがって雲の下に隠れてしまっています。
ダムの放水は昨日と今日でなんと二度も拝むことができました。

ダム下流側から





この後機体は後立山連峰の上を通過して松本方面へと帰りますが、これまでにもまだ多くの写真を撮っていてそのうち何枚かきれいな写真をご紹介します。



 富士山です。はたしてどこにあるでしょう

富士山




今回の遊覧飛行では雲海の存在が素晴らしい演出をしてくれました。
海岸に白波が打ちつけているようなダイナミックさ連想をさせてくれています。

雲海



このほかにも

室堂から南へ




そして次第に天界から下界の俗界へと元の生活に戻っていきます。ほんに夢のごたるね~
亡くなった父親も戦争中はこんな風景を見ていたのじゃろか。あと一週間終戦が遅れていたら沖縄へ特攻に行くことになっていたと言っていました。今の平和の時代に見れた私たちは幸せ。

下界へ



川を目印に松本空港へ向かいます。

川を目印に



すると有名なわさび畑を発見

DSCN1512a.jpg




途中で松本市街のなかに松本城がちっこーく見えたのですが、同時に反対側に空港が見えて間もなく、滑走路へと滑りこむようにして帰りました。この角度で着陸する光景を見た時に昔の映画で頭上の敵機とかでb17が翼を地面すれすれに着陸するシーンを思い出しました。それにしても古いなあ~。
ジェット機とかより複葉機のように地面近くを飛ぶ飛行機のほうが夢があって好きです。ちょーど宮崎駿が描く飛行機のようなもの。 


着陸





 当初は 母の付き添い役は姪にやらせようと思っていました。弟が不況のさなかに懸命に仕事に励んで子供たちの学費を稼いでいる最中に、学校3日ほどサボっておいでとはさすがに言えませんので、私がしかたなく付き添い役をやって親孝行しました。  ←  なんか言い訳に聞こえますが





この旅行で一番罰食らった子
自動給餌機4食分のうち1食分が機械の故障で食べられなかった模様。


「こら飯が出なかったぞ」と文句を言っている ちきちき

文句を言っているちきちき









FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ





スポンサーサイト

theme : 飛行機(航空機)
genre : 旅行

tag : 遊覧飛行 立山連峰 後立山 黒部平 富士山 わさび畑

北アルプス遊覧飛行 3日目 その3

 前回からの続き




 これまで、穂高・槍ヶ岳など見てきましたが、今回は立山黒部アルペンルートの上空を遊覧した風景でお楽しみください。すでにblogにて 前日にここを旅行して母の体調が芳しくなかったことであまりゆっくりと観光を楽しめなかったことを書いています。それを補うために少し足を延ばして黒部ダム上空まで行きました。



鷲岳-真砂岳-野口五郎岳の尾根を越えると

尾根越え





写真で山のことを知っていても山の全体像は分かりませんので、写真と解説で間違いがあるかもしれませんので、もし「間違っているぞ」とご指摘があればコメントにご記入していただけたらありがたいです。








黒部湖が見えてきました。
昨日湖上から上を眺めて感動し、今日は上空からダム周辺を堪能しました。

黒部ダム湖上




山に登っていくと山の頂がなかなか見ることができずに精神的にまいることがあります。
遊覧船に乗っていて感動していましたが、河岸にそびえている山の頂上付近が見えていたわけではありません。今こうして上空から見て、はじめて山の雄大さや奥行きを確認することができました。


P1010221b.jpg


上写真の赤丸を遊覧船と思ってください。白矢印の方向を見た時の光景が下写真です。
前回と同じ写真じゃないけんね。(^O^)

黒部湖上から




黒部ダム湖畔から立山連峰をまたいで(←罰当たりな表現) 涙をのんだ室堂が見えてきました。

DSCN1448a.jpg




よしここで思いっきり室堂を堪能してやるって、これって堪能するレベルものじゃないよなあ~
もしもう一度来れる機会があったらゆっくり散策したいなあ~

室堂




それと ぐるりと旋回して室堂を見る前に右側座席より剣岳を見ることができました。
映画化されるとか話を聞いたことがありますが、これでしたっけ

剣岳



  次回に続く







FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ



theme : 国内旅行
genre : 旅行

tag : 遊覧飛行 黒部ダム 室堂 立山黒部アルペンルート 鷲羽岳 真砂岳 野口五郎岳 剣岳

北アルプス遊覧飛行 3日目 その2

 前回の続き




 前回より遠くから焼岳を望む写真を載せましたが、これに接近した場合の焼岳の写真です。近く
で見るとそれはもうすごい迫力で、上空を通過中に硫黄の匂いがしてきました。
目を凝らしてみていると水蒸気のようなものを吐き出しているのを見ることができました。ここからの
匂いなのかな。

焼岳







 この状態から右下を覗くとかの有名な河童橋が見えました。←だと思うのですが

河童橋?





そして まじかに穂高を見ました。写真におさまりきれないほど近づいてみるとお山の迫力に圧倒
されてしまいました。もう感動モノでした。登山家もところどころに確認しました。汗を流しながら懸命
に一歩一歩目指しているのに対して私たちはほんの数十分でここまで来ていてお互いに手を振って
ともに確認し合っている。それでも山の好きなものたちの対照的な様でした。

穂高連峰




さらにここから反対側をみると乗鞍岳と御嶽山のツーショット  ・・・・だと思います。いつも見る御嶽山
の山容が見る角度が異なるとなんか印象が違うのでちょっと自信がわかない。でも地図上の位置関
係だとそうだと思うのですが。((+_+))

DSCN1364a.jpg





雲海の中から浮かび上がる笠ヶ岳   端正で均整のとれた山で綺麗でした。

笠ヶ岳






槍ヶ岳は有名で多くのプロのすばらしい写真があるので、ここでは飛行機ならではの角度から写真を。
笠ケ岳・乗鞍・槍ヶ岳が同時に映っています。

槍ヶ岳




これとは反対側から少し高い位置からの写真
槍の山容が周りに溶け込んでわかりずらいかと思いますが、北鎌尾根・東鎌尾根など

槍ヶ岳





まだこのほかにもたくさんの素晴らしい風景を堪能して、200枚ほど写真を撮りました。
ここで、昨日立山黒部アルペンルートに行ってきましたのでついでに黒部まで足をのばしました。
追加料金支払っても今日はそれに見合うだけの感動がありました。


それで黒部ダムへ


  次回へ続く







FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ



theme : 国内旅行
genre : 旅行

tag : 遊覧飛行 北アルプス 焼岳 河童橋 穂高岳 槍ヶ岳 笠ヶ岳

北アルプス遊覧飛行 3日目 その1

今日は今回の旅行のハイライトです。


母は以前より山に登りたいと言い続けていましたが、高齢ですのでかなわない夢とあきらめていま
した。それで何か方法はないかと考えて山岳地帯上空を遊覧飛行することで納得してもらおうと計画
したのです。 結論から言うと夢以上の満足と納得してくれました。



昨日かなり体調を壊していましたが、今日は幸いにも宿泊先で薬を飲み また一泊じゅうぶんに休息を
とり元気になりましたので少なめの朝食をとって松本空港へ行きました。そして北アルプスを遊覧飛行します。





朝は台風が通り過ぎた日で もしかしたら雲を払いのけてくれるものと期待しましたが、ドーンと
厚い雲が山を覆っていました。

くもり

賭けは失敗かと心配しましたが、先に飛び立ったEPSONの飛行機が穂高・槍などの頂上付近が雲から現れたと
無線が入り、15分遅れで私たちも飛び立ちました。



今回乗った飛行機はセスナ機です。近くで見たら結構格好がいい。
ただ母はこれに乗り降りするのにちょっとばかり手こずっていました。

セスナ




そして わくわくしながら地上を離れて

離陸




恒例ですが 後ろを見ると

うしろ




飛び立ってからすぐに左へ針路をとり梓川に沿って谷あいを飛行。

梓川




厚い雲間を抜けるともうそこは別世界  ← どっかで聞いたようなセリフ
地図で見ると鉢盛山ではないかと思いました。

雲を抜ける




下を見ると梓川の奈川度ダムが見えました。

奈川度ダム




この位置から進行方向右を見ると遠くに焼岳が見えました。
地上からだとこの形で見えるかどうかわからりません。どんなに有名な山でも地上から見る角度が制限されるためまた 写真などで見慣れていても、最初は戸惑ってしまいます。

焼岳



ここからさらに少しばかり右に旋回して左の窓を見ていると、遠くに雲がかかっている御嶽山を拝むことができました。撮影しようとしたらなんと雲におおわれているではないですか。山の天候の変わり方は尋常じゃない。

木曾の御嶽山




有名な乗鞍岳です。有名な山ですが、23の峰からなる山々の総称をいいます。
そのため未だに地図と比較したりほかのサイトなど出ている写真を見ても個々の山の名前は何か
よくわからずにいます。ただ摩里支天岳だけはよくわかります。コロナ太陽観測所の建物がありますから。(^^)v
手前のすじ状のものは乗鞍高原温泉スキー場だと思います。

乗鞍岳



さらに進んで西の岐阜・石川県側を望むと白山が見えます。
写真よりも実際の肉眼で見ると結構感動します。
白山




尾根沿いを海側から雲が流れてきますが、尾根を越えると雲が消えていくフェーン現象なのでしょうか?
DSCN1342a.jpg




  次回に続く







FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ



theme : 国内旅行
genre : 旅行

tag : 遊覧飛行 梓川 御嶽山 乗鞍岳 焼岳 白山 北アルプス

立山黒部アルペンルート(2日目) その3

前回からの続き


黒部平から黒部ケーブルカーでわずか5分で黒部湖に到着
全線地下式ですのでこれといって見る車窓の風景はありませんが標高差400m を一気に下りました。



         ↓




黒部湖に到着しましたが、このまま素通りと言ってはあんまりだと思って遊覧船(GARVE)を計画しました。

黒部湖から遊覧船に乗るために渡船場へと行きますが、最初の案内板では30mと書いてあったので
意外と近いなと母の手を握って歩いて行くのですが、何とこれが500m。だまされたー

正しい掲示板




休み休みしながらやっと到着するとこれまたびっくり、切符売場から桟橋まで水位の高低差が大きい。

渡船場





そう文句言いながらもここまで来たのですから遊覧船を楽しみました。
日差しは少し強くなりましたが、湖の風を受けながら走りますのでむしろ爽快な気分でした。

桟橋



湖面とダムと水上を清々しく走るのは意外と気持ちがいい。

黒部ダム


山とエメラルドグリーンの水そして水上走行する時の風が吹いて涼しい。
そのために顔を窓から出したお客さんの帽子が飛んで行ってしまいました。

DSCN1217a.jpg



遊覧船を楽しんだ後ここの休憩所で休み母に薬を飲んでもらいました。と同時に早朝寒かったので もしかしたら山の上はもっと寒いかもと思って冬山用の下着を着せていましたので それも脱いでもらいました。そしてここより徒歩でダムの上を歩きますが、一段と体調が良くないらしく結構辛そうにしていました。それでダムの上で景色を眺めながら休みをとっていきます。



ダムの放水・・・毎秒10tとのこと。ゴジラのションベンもこのくらいかなあ~

ダムの放水


ダムの虹は良かったのですが、下から舞い上がる風でダムの飛沫を浴びることになります。
これもまた涼しくてよかった。

ダムの虹



これからがまた大変で、ダムを過ぎてのちトンネルの中をしばらく歩くと登りの長い階段があって、
しばし呆然とさせられました。それでも手を引きながらゆっくりと階段を上がりまた休むの繰り返しを
続けて、やっとバス待合室までだどりついてしばらく休もうと思っていたら、バスの駅長さんらしい人が
にこにこ笑いながらきて、もうすぐ出発しますよと。親切にもバスを待たせていました。
バスまで100mほどの距離。これがまたとんでもなく母にとっては長い距離で先に行かせてくださいと
頼んだのですが、このあと1時間ほどあとが次の便になりますのでもうひと頑張りしてくださいと・・・
親切なのはわかるのですが、・・・・辛い。

この時もまた先に乗っていたトロリートンネルバスの乗客の目が母のゆっくりした徒歩に目が注がれ
ていました。



         ↓




無地に扇沢に到着。そしてまた連絡がつながっていますので、すぐに次の路線バスでJR信濃大町駅へ
ここまでなんとあわただしいコース 予定していた観光時間を2時間半も繰り上げての到着。




駅前に目立つラーメン屋さんがあったのでここでお昼を頂くことにしました。
ここは今年の4月ぐらいにできた美味しいことで有名なお店だと後で気づきました。
豚肉料理専門店 豚のさんぽ というお店です。
そのとおり美味しいラーメンでした。店員も若い方ばかりですが うちの母のためにいろいろと気遣ってくれて
大変うれしい思いをいたしました。感謝します。


ここのメニュー一覧 おいでになる方のためにご参考まで

メニュー



 そして、信濃大町から松本まで・・・
車窓をけだるさを伴って今来た山並みを眺めていました。
今晩は松本で宿泊です。



 そして明日はこの旅のハイライトとなります。

 次回に続く







FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ




theme : 国内旅行
genre : 旅行

tag : 黒部湖 黒部平 GARVE 遊覧船 黒部ダム 立山黒部アルペンルート

立山黒部アルペンルート(2日目) その2

前回の続き




室堂に到着しました。

室堂


アルペンルートで一番の見どころと言ったら室堂と言われていますが、今回母はまだ薬を飲んでなくて
体調が今一と話したのです。薬を飲むとどうしてもトイレが近くなるために旅行に支障がきたすからと
・・・・一瞬目の前がくらくらっときました。室堂の散策は中止です。
そのかわり 私だけ建物の二階に上がって数枚写真を撮ってすぐに母を連れて次に向かいました。



その中の一枚
富山はただ今 雲海の中にありました

DSCN1170a.jpg




次の駅は大観峰
立山の下を掘ったトンネルをトロリーバスでいきます。


せ・・せ・・狭いトンネル!

立山トンネル





       ↓




 大観峰に到着
バス停からロープウェイに行く途中に大観峰からの展望が望めます。
太陽が上に登りだしたら少しばかりかすんでくるのは残念

大観峰




2階の展望台は工事中ということで行くことができませんでした。またシーズンオフですので、大観峰からの風景写真は他の方のwebにてご参照ください。私の写真など とてもとても (^。^)
ということで展望台の反対側の写真で・・・・マイナーなことやっています。

大観峰からの反対側




下から見た大観峰

大観峰




       ↓




大観峰から黒部平へはロープウェイでいきます。
ロープウェイの駅構内から黒部平を見た時の写真

駅構内から




ロープウェイの中から見ていたら山の上にレンズ雲が出ていました。(^。^)

レンズ雲




ロープウェイのすれ違い。あちらからもこちらを撮影していました。

DSCN1202a.jpg





黒部平駅をロープウェイから見てみました。到着まじか

黒部平






  次回に続く





FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ



theme : 旅行
genre : 旅行

tag : 立山黒部アルペンルート 室堂 トロリーバス 大観峰 ロープウェイ

立山黒部アルペンルート(2日目) その1

2日目は黒部アルペンルートを観光旅行しました。




早朝の6時に朝食をいただいた後、すぐに立山駅の切符売り場に行って先に切符を購入しました。
立山ケーブルカーの切符は時間指定になっていたので、驚きましたが切符売り場のお姉さん?と
話をしていましたら、始発はどちらかというと混むので2または3番目のケーブルカーに乗ったほうが
よいと教えてくれました。そして高齢の母を連れているならば出発の10分前に4番改札口に来て
駅員に介助を頼みなさいと。



また千寿荘に戻ってゆったりとくつろいだ後に母を連れていきました。
なぜか駅長さんたちと親しくなって、優先的にケーブルカーに案内してくれたのですが、なんとまあ
階段状の駅 ゆっくりと介添えしながらその先頭まで行き中に入るとケーブルカーの中も階段状。
対面座席で後ろ向きの席は何となく背もたれが前向きに傾いているようで座りにくいし、向かい合って
いる客の足同士が当たって快適とはいきません。



階段状の駅

立山ケーブルカー



階段状のケーブルカー

ケーブルカーの中



さて、7:20分に出発  
線路というよりはワイヤーで車体を引っ張り上げる感じ ワイヤーの先は滑車を経由してもう一台の
車体につながっているのかしら。 外国のケーブルカーには車体に水の入るタンクがあって水の重さ
の差で昇降をするのがありますのでそういう感じのものなのでしょうか。



ワイヤー?

P1000796a.jpg




勾配はかなりきつい。  尾根上をルートにとってトンネルの中をくぐり抜けました。
そしてわずか7分で美女平に到着。料金は700円 高いこと
ほかのお客さんが降りた後ゆっくりと母の介添えをしながらまた急な階段を上って美女平の駅の中を
移動。  そーしたら連絡してある高原バスが私たちが来るのをじっと待っていてくれたのです。
ありがたいことですが、何分母を急がせるわけにはいきませんので、ゆっくりと歩くしかありません。
窓からお客さんが私たちをじっと見守っているのを感じながら。


それで、そのパスの中
高原バスの中




高原バスに乗って室堂へ向かいます。
途中で日本一落差の称名滝が見れるはずでしたが早朝ということか、霧がかかってて見れません
でした。それでも道路脇に生えている天然木を見るだけでも十分に堪能できました。前日は美女平へ
行ってこれらの木々や野鳥を観察する予定だったのですが、雨雲におおわれていて今にも雨が降り
だすのではないかと心配されたので中止しています。せっかく双眼鏡を持ってきていたのですが~。


仙洞杉

仙洞杉



途中で弥陀ヶ原

弥陀ヶ原



バスのガイドで白糸の滝とか言っていた滝・・・・後で調べましたが地図に載っていない(@_@;)
私の聞き間違いかもしれませんね。マイナーな観光ガイドをやっています。
・・・・見どころはオフィシャルガイドをご覧になるのがいいですね。

DSCN1165a.jpg




今度映画化される剣岳がちらりと見えました。これもマイナーな見方かなあ~(^。^)

剣岳



 次回に続く








FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ



theme : 国内の旅館・民宿・ペンション・ホテル情報
genre : 旅行

tag : 立山黒部アルペンルート 立山ケーブルカー 高原バス 仙洞杉 弥陀ヶ原

立山黒部アルペンルート(1日目移動日)

二泊三日の旅に出ました。


 母は時代が許しさえすれば山登りができたのにとよく悔しがっていましたので
何か方法はないかと考えて周到な計画を立てました。
その一つは黒部アルペンルートと二つ目は北アルプスの遊覧飛行です。二つの
案を考えたのは片方がうまくいかなくてももう一つがそれを補えるだろうと一つの
ばくちのような旅でもあります。 なんといっても母は八十代で心臓に持病を抱え
ていますのでかなり無謀な旅のようですが、そのために二カ月も前から緻密な
スケジュールをたてたのです。




 その集大成がなんとクリアブック一冊分の計画書・・・・ちょっとオーバー

スケジュール帳

これはスケジュール・時刻表・空港や駅の案内図・宿泊先の細かな案内などなど
思わぬことが起きても柔軟に対応できるように書類が入っています。





そして母の健康診断・・・・いとこの医者が私の付き添いでならOKのお墨付きを
頂きました。持っていく荷物も私のリュックの中に母の持ち物・着替えなども一緒
に詰め込み  なるべく母の負担を減らし私も両手が使えるようにして万一に備え
ました。ちきちきには自動給餌機4食分を与えて、ほかのニワトリたちには山盛り
のえさを与えました。鶏は2日絶食になりますが、まあ我慢してちょうだい。  
・・・・ しばらくお留守番




そして出発(月曜日)です。
高速バス停に行くまでのタクシー。あてにしていたそのタクシー会社 電話が通じません。
しょっぱなから出鼻をくじかれました。
がっくり((+_+))

      
       ↓
      

なんだかんだとやっと福岡空港にたどり着いて、年寄りと一緒にターミナルビルに
入りましたのですぐに空港のスタッフが来て優先的に飛行機に案内してくれて至れり
尽くせりでした。


       ↓


そして小松空港に到着 ・・・・ ここに来たのはなんと25年ぶり 懐かしいというよりは
すでに浦島現象のようにまるではじめてきたような印象。ここどこ(;一_一)


       ↓


空港からJR小松駅へは定期バスでいきます。
小型のバスに乗り込んだら 先に座席に座っていたほとんどのサラリーマンたちが
、母を見たとたんにいきなり立ち上がって座席を譲ろうとするのにびっくり。まだ日本
は捨てたもんじゃないと皆さんに軽く会釈をして感謝しました。


       ↓


JR小松駅からJR富山駅へは特急サンダーバードで一時間ほど駅にエレベーターが
できるようになって年寄りはだいぶ助かります。
郷土の大牟田駅には・・・これがないんだよなあ~(T_T)



       ↓


富山駅構内で昼食。それで富山名産のものと思って白エビ天丼・白エビ丼を注文
しましたが、いまいちおいしいとは思えませんでした。調理の仕方にもよるかもしれないし
、または好みの問題かもしれないので・・・・なんともいえない。



       ↓


さて、富山地鉄に乗って立山駅に向かいます。その途中の景色は九州と違い少しばかり
趣が異なります。家の周りを高い木で囲んで防風林にしている散居という方式だそうな。
しかしながら北陸地方の雪は湿気が多いので昔は結核患者が出たと聞いたことがあります。

散居


       ↓


そして黒部アルペンルートの起点 立山駅に到着

DSCN1109b.jpg



宿泊先は 駅から歩いて30秒ほどの千寿荘です。それで夕食は少量多種のおかずで美味しかった。(^。^)

夕食




今日は移動日でということで、ここまでなのですが立川駅周辺をぶらぶらと近くを流れる
常願寺川まで散策してきました。橋より上流は護岸工事だらけで趣は今一つ

常願寺川


それだけにここの自然は荒々しいということなのでしょうか。



次回に続く   ・・・・  黒部アルペンルート





FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ




theme : 旅行
genre : 旅行

tag : 立山黒部アルペンルート 立山駅 千寿荘

プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
08 ≪│2009/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。