スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜が咲く

桜が咲いていました。







 暑い夏が終わろうかとしている季節に庭の桜が4つほど花を咲かせていました。

桜

花見をするには寂し過ぎる。何かに合格したのかも・・・はて(?_?)
そういえばまだ宝くじの確認をしていなかったなあ~







そんな桜の木の枝には、コサメビタキくんが来ていました。

コサメビタキ

小さくてかわいい。図鑑には約13cmほどのサイズとのこと
健気にも桜に取り付いている虫を食べてくれていました。
以前にも取り上げていて、あれからずっとここを縄張りにしている模様です。









しばらくしたら、今度はここではあまり見かけない顔のコムクドリくんたちです。
群れをなして来ていて、柿の実や他の樹木の種子をかじっているようです。

コムクドリ

ムクドリくんたちはよく見かけますが、コムクドリは生まれて初めて見ました。



コムクドリとは別に文学の世界でよくムクドリの話が出ているので少しロマンチックなものと思っていましたが、鳴き声といい羽毛のガラの汚いこと。なんだいこりゃとがっかりしたことがありました。







さらにクズのつたにおわれた木の間に黒い影のようなものを見受けたので、フィールドスコープで覗くとそこにはカササギくんが休んでいました。

カササギ

下から見ると真っ黒なイメージでしかとらえてなかったのですが、よくよく詳しく観察をすると結構きれいな黒色だとわかります。普段写真を撮っても太陽のもとではその黒色は隠れてしまって表情まで写りにくいです。木陰でうまく撮れるとそこそこのものが撮れて面白いですね。
 でもなんかくたびれた顔してるぞ・・・。
やっぱこの夏の暑さで疲労困憊なのかも。



















それでは、ちきちきはどうかというと

ちきちき

暑さでまだうだってました。
大丈夫かい?














FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ










スポンサーサイト

theme : 福岡
genre : 地域情報

tag : サクラ コサメビタキ コムクドリ カササギ ちきちき

水戸黄門

介護で必要な番組は




一日中水戸黄門をながす局がほしい。



老人の介護しているとテレビの操作をできないので、つきっきりで番組を
変えてあげないといけないのです。しかもつまらないとグダグダと文句ばっかり
しかもチャンネル変えた途端に何をしているのかと尋ねてくる始末。・・・わかるわけねーだろー


さらに耳が悪いから音量の大きいこと。   これはたまらんよ~(T_T)
これに一日中つき合わせられるわけで、なんとかならんだろうかと。



それでテレビ局にひとこと お願い。 韓国番組やめて水戸黄門
藤田まことの刑事ものを一日中流してほしい。












FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ

theme : 水戸黄門
genre : テレビ・ラジオ

tag : 水戸黄門 テレビ 介護

ホトトギスが来た

朝起きて窓を開けると





 木の枝に野鳥が一匹
またキジバトかなと思って見ていると
どうも動きが違う。しばらく見続けると・・・
尾羽のありようが明らかに異なる。




木の枝まで50mほどの距離ですのでシルエットでしか判断のしようがない。
それでさっそくフィールドスコープでのぞくとなんと

ホトトギス

やっぱりキジバトではなかった。
かといって、これはカッコウ・ホトトギスツツドリのうちのどれかなのだが
まだ種別の確定には至りません。

そこで しばらく観察。







ホトトギス2

目の周りが明るい黄色。
どうもツツドリではないようだ。






ホトトギス2

さすがに50mも離れていて、早朝になると色の具合もわかりにくいのですが、
斑の褐色はほとんどないようなので成鳥のよう。






ホトトギス3

期待にこたえて 向きを変えてくれました。
お腹の斑の粗さから これはやっぱりホトトギスだろうと思いました。
昨日は遠くからホトトギスの鳴き声が聞こえたことと うちの近くで
ウグイスがいるためにほぼ間違いはないだろうと判断したのですが・・・
はずれたら…・恥ずかしい~







そのほかにちょこまかと動きが激しいので撮影ができなかったヤマガラコサメビタキを確認しました。
今までシジュウカラがよく鳴いていたのですが、ヤマガラにとってかわった模様です。
二匹とも木についている虫を食べていました。


コサメビタキは早朝クズの葉についていた白露で羽を洗いながらこちらの様子を見ていました。
目の周りが白くて小粒なところが可愛かったなあ~。











今日のチキチキは相変わらず

ちきちき

朝ごはんちょうだい   ・・・・ (^.^)




















FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ




theme : 野鳥大好き♪
genre : 趣味・実用

tag : ホトトギス ツツドリ カッコー ウグイス ヤマガラ コサメビタキ

野鳥の会に持って行っているもの

前回ジンバル雲台の話だったので




 今回は地元の野鳥の会に持っていくものを紹介
普段は双眼鏡野鳥図鑑猛禽類の図鑑・メモ帳・ボールペン・巻きメジャー・ペットボトルなどを持参していきます。

双眼鏡と図鑑

腰ベルトに筒状バックはご覧のとおり工事関係者が使っているものでこれが結構使いやすいものです。
すぐ取り出せてポンと投げ込むことができます。水色の帯は中のものが飛び出さないように簡易的なふた。


野外を歩き回る場合は双眼鏡は首にかけていきます。





 双眼鏡を持たずにフィールドスコープを持参する場合は

デジスコ用カメラ

デジスコ用にセットしたカメラが加わり

カメラが入ります。

底のほうには工具類のセット その上にスポンジをかぶせています。


 フィールドスコープをかつぐ場合は

フィールドスコープを肩から掛ける

三脚の上部にはハーネスで結んでカラビナを取り付けています。
体のほうは肩からハーネスを巻きつけたようにしていてOリングを介してカラビナへ連結して行動します。



何時間もこれを担ぐ場合はこれでも結構肩に食い込むような気がしますので、そのまま持っていく場合はもっと つらいです。











theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

tag : 双眼鏡 野鳥図鑑 デジスコ

ジンバル雲台買いました

衝動買いしちゃった~  ・・・・ というわけではないのですが。






 母のために家の中から野鳥の観察ができるようにとフィールドスコープを購入したまではよかったのですが、途中から年のせいで腕の動きがままならなくなって、扱えなくなっていました。それで何か方法は無いかと以前よりインターネットなどで情報を求めジンバル雲台の購入を検討していました。まだ高額であったので、値下がりの時期などのタイミングをはかっていてそしてついに購入に至ったというわけです。・・・中国製なんだなあ~(^^ゞ
それもさらに値下がりするのを待っていたりして。








 その結果がこれ↓

ジンバル雲台

中国製なのであまり期待していませんでしたが、どうしてこれが良く模倣の技術が上がってきているせいでしょうか、なかなか頑丈で動きも良くできていました。値段は まあもう少し安くてもよいとは思いますが。








 フィールドスコープを載せる前に連結させるためのプレートを取り付けました。標準装備では長さが100mmのPL-100ですが、照準器を取り付けるためとまたフィールドスコープ自体の重心が後ろのほうにあるので さらに長い200mm(PL-200)を購入しました。

フィールドスコープ

カバー付きです。じつはここ1年前よりちょくちょく地元の野鳥の会に参加しているのですが、フィールドスコープかついで山・川・池・田圃を歩き回りますので誤ってレンズを傷つけないようにと思って装着しています。






 下から見ると

プレートの取り付け

プレートの前に都合よく三つの穴があったので照準器を取り付けました。同時にフィールドスコープの底にねじ穴ともう一つ丸穴がありこれにねじを作ってふたつのねじでがっちり固定したら本体の回転防止につながるのではと試してみようと思っています。







それで本体を雲台に取り付けると こんな感じに↓

本体取り付け







前から見ると

前から見たら






うちのフィールドスコープはアングル型ですので、照準器は必需品のようになりました。
これで結構 飛び回る鳥をスコープにとらえ易く 重宝しています。
双眼鏡なみにとらえることができるのです。

ドットポイント

林など木々の間を動いていたらすぐそこに赤いドットポイントを向けると自ずとフィールドスコープの中に鳥が見ることができます。・・・・バックグラウントが保護色とか似たような背景では肉眼ではとらえても いきなり双眼鏡で探しても見つけづらいことがあります。









そしてジンバル雲台の最大の長所は、最初に重心の位置に調整さえしておけば指一本でフィールドスコープを動かすことができて、そのまま停止してくれるところです。そのため動きのある目標物を追うのは楽なのです。
また今回据え付けている時にうれしい発見がありました。↓

天頂

アングル型であるため天頂方向を見ることもできるのです。
野鳥の会での鳥見ではソアリングしている猛禽類や林の中で鳥たちの探索を行いますが、よく真上に鳥が来て鳴いていることがあります。
今までの三脚や雲台では残念なことにフィールドスコープを向けられませんので、悔しい思いをよくしています。
これによって おかげでバッチリ鳥たちのけつの穴まで拡大して見ることができそうです。








 次回はフィールドスコープ以外に野外に持っていくものを紹介します。














 


FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ







theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

tag : フィールドスコープ ジンバル雲台 照準器 野鳥の会

プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
08 ≪│2010/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。