また帰ってくる。

母が入院しました。








 もう長いこと介護を続けてきました。
今度で3度目の入院です。
若い時から心臓の持病を持っていたので、何かあるといつも頼ってきてすがりついてきます。
こればかりは母親だから仕方がないといつも思っています。






 今住んでいる家は一戸建てですが、普通の家と比べたらかなり広いほうで、私が物心がついたころにはすでに3家族の14人が住んでいました。あの喧噪にも似たにぎやかな家が、今私ひとりになっています。
今まで母と二人だけの家族でしたが、その母が入院してしまったとたんに なんと寂しい気持ちでしょうか。




いつものように主治医に診てもらっていましたが、緊急入院ということでとりもなおさずに病院へ転送しました。おかげで、家の中はそのままの状態になっています。布団はそのまま下着もまだ洗わずにいます。・・・でもまだかたずけたくない。 またきっと帰ってくると思うから。









スポンサーサイト

theme : ひとりごと
genre : 日記

tag : 緊急入院

墜落しちゃった

熊本空港を飛び立ってから、まだカナダのあたりを飛行しています。




 これはフライトシュミレーションの話



モールという軽飛行機を使って熊本空港を出発。途中で、小松空港・青森空港など立ち寄り
網走からいよいろ外国へと言ってもアリューシャン列島伝いを飛び続けて、アラスカへ
さすがアメリカだけあって空港の多さは半端ではなくあっち行ったりこっち行ったり、まるで
ブッシュパイロット気取り。
 じつは子供のころあこがれた職業はブッシュパイロットだったんです。
まともな平坦地でないところに、強引に着陸するスリルに魅かれていました。
大型の旅客機のパイロットはそれはそれでかっこいいのかもしれませんが、魅力を感じませんでした。

油や土の汚れにまみれて ただ一人過酷な自然の中を自ら切り開きながら ひたすら飛び回る
姿に男のロマンを感じていました。だからシュミレーションゲームではあえて過酷な条件を設定して
目的地へ飛行するのですが、いや~・・・・計器飛行している最中にいきなり計器類の故障には、
さすがに閉口しました。




これはミッションの中にあるシュミレーション

タルキートナ

山岳地帯での救難活動なのです。 が、着陸地は完全に氷結していますので着陸しても停止することがありません。そのため上り勾配に機首を向けてエンジンをふかし加減して停止状態を作るというおちつきのない話です。何度か失敗しています。失敗するとそのまま奈落の底に滑りおっこってしまうというミイラ取りがミイラになるという話。




これはカナダのCatungという飛行場です。

Catung

ここは盆地の中に飛行場があるようなところで、ムーニーという飛行機で離着陸の難しいこと。まず滑走路の長さが短すぎのではと思いました。失速ぎりぎりまで持っていってしかも山の斜面をなめるようにして何とか着陸には成功させましたが、離陸で失敗したのです。・・・斜面に激突してしまった。(T_T)
モールというストール性の高い機種で何度か試みましたらうまくいきました。でもやっぱり慣れないと難しい飛行場です。日本では認可してもらえないじゃないかな~




それはそれで、今回着陸したところは
Canada の Muddy Lakeというところですが、やまの中


muddy lake

たまには気分を変えてbeach craftの baronという飛行機に乗りました。







FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ













theme : ゲームプレイ日記
genre : ゲーム

tag : ビーチクラフト フライトシミレーション

プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
09 ≪│2010/10│≫ 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク