スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も寒い日

今日もまたどんより曇って



 粉雪が舞っています。気づくともう年末になろうとしています。
更新がこんなに開いていたのですね。まあいいか。
なんとか今年も母親は年を越せそうな雰囲気ですが、残念ながら今日はデイケア休みたいと
早朝から起きて朝御飯の準備をしている間にボソッと一言ですまされました。あいかわらず
です。寒い中かじかむ手で洗濯物を干して乾かして風呂にはいれるように準備万端までしたと
というのに。ミッドウェー海戦で空母の上に爆弾やら装填して発艦準備完了していざ
出撃って時にいきなり上から目線じゃなかった ・・・ 急降下爆撃食らってすべてが
おじゃんといったような気分で 今日もすがすがしい一日のスタートでした。


 そういう慌ただしい朝でしたがカレンダーを見るとあれ今日はクリスマスの日だったのですね。
いや~ 私とは何の関係ない日ですね。昨日は罰当たりどもが高級なホテルとかで不純異性行為をしていた
かと思うとキリストさんから神罰でもと恨み節を唱えたりしています。
思い起こすとクリスマスイブとかで女性とはまるで縁のない人生を送って そもそも私の周りには
なぜか男ばっかりの世界で・・・生きていたんだと一種の自己陶酔にはまりこむような 不憫と言うか
おかげで離婚の危機とか愚痴聞かされるとか鵜飼の鵜のような飼殺しの目に合うとか
せずに幸せな?日々を送られることに ・・・ お茶がおいしい。



もうだいぶ前のことになるのですが、歴史の勉強とかしていたら古老の女性と話をする機会があって
挨拶していたら昔我が家は実は隠れキリシタンでしたと話をされていました。わあ~ すごいなあと
感動するのですが、その代わりに私のほうからの挨拶は実は私の家はそれを取り締まる側だったん
ですよ~。 とヘンな挨拶になりました。 「よくも先祖をいじめてくれましたね~」 「よくも先祖を
出し抜いてくれましたね~」という話にならないところが時は偉大なりと言ったところでしょうか

でも家の親戚もコテコテの隠れキリシタンだったという話はその前から聞かされていました。
これが発覚していたらわが一門は磔の刑に処せられていたのかもしれません。
その親戚でたまたまクリスマスイブの日に一泊させてもらう日があったのですが、質素で厳かな
日を過ごしたのをまじかに見て感動しました。最近外国人が日本の今のクリスマスの過ごし方を見て
頭に来るのはよくわかります。神聖なものをこんなビジネスを兼ねたようなスケベな日に代えて
しまったのですから。









FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ








スポンサーサイト

theme : つれづれ日記
genre : 日記

tag : クリスマス 隠れキリシタン

期限があること

どうしようもなくて



 そのまま外に出て車に飛び乗り 充てもなく辺りを彷徨うことがありました。
前にも進めず後戻りもできない状態になるとどうしていいのか妙案が無くて
とりあえず気が収まるまでの間 何かいらいらすることを車の運転で無駄を承知で
解消しようとしていました。父親が病床にある時に同じような行動をとっています。
気づくともうそこは九州山地のど真ん中、真夜中に車を止め満天の星空を眺めながら
口笛を吹いて歌っていると自然とここで初めて涙を流れ落ちて やっと気が休まるといった按配です。
生理学的に涙を流すことは鬱積したものを吐き出すのにいいという話を聞いたことがあります。





そして車の中で寝て 藤村の詩を思い起こすのです。

夕波暗く鳴く千鳥 我は千鳥にあらねども 心の翼を打ち振りて 悲しき方に飛べるかな
若き心の一筋に 慰めもなく嘆きわび 胸の氷のむすぼれて とけて涙となりにけり
・・・・ 以下省略



今年は親友を失っています。送辞にこの詩を考えていましたが友人の家族に遠慮して心のなかでうたっていました。
棺の中にいる友人の胸のあたりにひとつの白い菊を添えて軽く撫でていると家族の人たちがそれを見ていて
いつの間にか花を添え私と同じような仕草をしたのです。死んでしまったらもう後の祭りで何も慰めることも
できない虚しさばかりで、一言病気だということを報せてくれなかったのか 妙に思わせぶりなことを言って
心配かけまいと黙っていたつもりかもしれないが、後で知らされるものにはとんでもなく虚しい。



先日叔父が亡くなりました。 またかと思いながら仁義を果たさなくてはと母に代って通夜に出席しようと
しましたが、認知症になってもそこのところはよく理解したようで一日中気落ちして通夜の数時間前に一緒に
連れていく羽目に。その間気丈にも取り繕ってはいたものの当日のデイケアや翌日のデイケアにも参加する気力
がわかなくて欠席することにそのおかげで病院まで点滴のためにまた付き添わなければなりませんでした。
そのせいか今日もまためっきり気力が萎えてまた病状が芳しくなく そろそろ覚悟を決めたがいいかもと考え
たりしています。





いつまでも長生きでいてほしいと考えても、寿命という期限があるおかげでしょうか、その時その時の二人の
生きざまについて限られだ時間を真剣に金よりも大切で尊いものだと考えるようになってきたのです。


あの時あれをしておけばよかったと後悔する前に





FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ















theme : 深夜ドライブ
genre : 旅行

tag : 寿命 期限 彷徨う

新しい試み 第一弾 その2

前回からの続きです。



 さていろいろ設定が済みましたのでこれを頼りに操縦します。
ただこの時点ではかなり高度があがってしまいさらに当日のお天気は雨でしたので、下の景色が見えません。
これはもうGPSだよりになり、計器航法を行います。

迷走する機体


旋回はゆっくりと滑走路の進路にうまく載せるために何度も繰り返すことになります。
旋回速度が慣れるのに苦労するのと同時に速度によっても変わってきます。
そして

計器類

航法装置であるVOR2によって空港の方向が示されて、VOR1によって滑走路の長編軸と下降するための適正な降下をするための高さを見ることができます。航法については細かな説明をすると大変ですので別の機会に調べてみてください。
指示機は機首より左に30度方向に空港があって 空港軸線線はまだたどり着いていないうえに たどり着いたらすぐ左に30度機首を向けなければなりません。同時に高度がありすぎるので下降もしなければならないと読み取ることができます。


これを外から見ると

外から見た図


降下していくとお天気にかかわらずかなり視界がひらけましたので、途中から有視界操縦で

何度も旋回を行いながら何とかここまで、でも少し右より

右に寄りすぎ1

で修正するとかなり左よりすぎ高度があがりすぎ

左に寄りすぎ1


それでさらに右に修正するとご覧のように微妙な位置に右側に

若干右寄り


ほんの少し左と加減もよくわからずに修正するとそのまま左へ流れて

左に流れる

さらに流れて滑走路からはみ出して

そのまま流れて


何とか滑走路へ向かおうと右へ

また右へ修正すると

頑張ってみましたが浮き上がって そのまま降りてしまいました。

着陸

同時にそのまま滑走路へと向かいます。そのままだと反対側にまたつきぬけますので右エンジンを吹かすと

滑走路にまっすぐ向きを変えて


うまく進路変更してまっすぐ滑走してそのまま端を越えてそこで停止してくれました。
フラップとブレーキは故障したという前提のもとでやってみました。

停止


この段階ですと何とか合格したように見えますが、実はこれ2度目の試みでの成功だったのです。

一回目の失敗

1度目は高すぎたのです。 2度目の場合はエレベータートリムの調整を加えて何とか着陸に成功したわけです。
トリム調整ができなかった場合はかなり難しい着陸になったと思われます。



そしてこれが着陸直前の飛行機の航跡です。かなりうまくいっているようで実際は頻繁に右左と蛇行を繰り返す変更の連続でした。

フライト分析




あと何度かこの方法を習熟したら次はトリム無でのトライを経て そのあとジェット機の737で試してみようと思います。プロペラとジェット機の差でどれほど揚力の違いが生じるか、また旋回性能はどうかなど試してみたいと考えています。

















tag : フライトシミレーション バロン 御巣鷹山

新しい試み 第一段階 その1

以前から温めていた試みです。



それはもうずいぶん昔のことになりますがボーイング747 日航機ジャンボの御巣鷹山墜落事故の際に、操縦不能に陥った機体をいかにしたらコントロールできるかというテーマをシュミレーションで解析してみようではないかという話です。




747はジェットエンジン4発の機体ですが、今回はビーチバロン58の双発機を使って 第一段階の考察を検討しました。

ビーチバロン58

前回記事掲載の時に使用した機体です。1950年代に初飛行していてまだ飛行しているほど高性能で操縦しやすい機体なのです。




それで最初は熊本空港を離陸した後 右45度の方向3000feetの高度に達した後に 操縦桿とラダーは途中から使わないで操縦不能状態を作りました。

ヨーク と ラダーペダル

左が操縦桿で右がラダーペダルです。家のを撮影したかったのですが室内の散らかりようったらそりゃ目も当てられない状況ですので通販カタログからの写真でご容赦ください。<(_ _)>



次に 左右エンジンのスロットル75%出力で進路と高度一定に保てるようにトリム調整を行って安定状態を調べます。

 トリムなど足回り


ここでスロットルレバーの設定を左・右と個別にし直してやってみました。
今回 定速プロペラのコントロールは使用せずにやってみます。

スロットルレバー


この黒と青のレバーの調節で左右エンジンの回転数をあげて機体の旋回をコントロールしようという試みです。


高度を一定にしながら機位を安定することの難しいこと。まず機体が上下に揺れ続けるピッチングがなかなか安定してくれないのです。これに手間取っていつの間にか有明海を横断して雲仙上空に来ていたのです。しかも高度は4500feetまで上昇しているありさま。普賢岳が目の前にあるとさすがにひやりとします。そして当日のお天気は雨でしたので視界が効きません。一応曲がりなりにも真っ直ぐに飛ぶことができるようになりましたので次は旋回テストです。

思ったよりも旋回はスムーズというわけにはまいりませんが、一応左右のコントロールは何とかなりそうでした。
通常エルロンによってローリングを起こす時 機種が勝手にヨーイングをおこしますのでそれをカバーするためにラダーペダルで調整を行う作業をラダートリムで補ってやろうとしたのですが、それほどでもなく実際に効いているのかどうかもわからない程度にしかならないのでラダートリムの調整はやめました。機体はそれほどお大きくなくても相対的に慣性が大きいためだと思います。


計器類


そうこうしているうちにいったい今どこを飛んでいるのだろうかとわからなくなってきました。
そこでお助けグッズがあるのです。というのが携帯に便利なガーミンのGPSです。
ここどこ・・・といってページを開けると地図が出てきてくれるのですね。

ここどこ


雲仙です。 でもそれだけではない便利な機能が付いています。地球上の各空港のデーターもほとんど網羅されています。おかげで熊本空港への方向から滑走路に下降するための便利なデーターがあるわけです。もちろん熊本の管制タワーの周波数も記録されてますので音声で「助けて~」と悲鳴も上げることもできます。

こんかいはそのなかからVOR2 ADFという熊本への方向と距離  ILSという 着陸を助ける電波を利用します。
周波数を書き込むチマチマした行動は面倒臭い仕事ですが、一人で操縦している時はたしてこれらの面倒臭い作業はできるものか心配です。副操縦士の役割はこういう煩雑な仕事を助けてくれる重要な役割であって決してお供え物ではないのです。大きい機体ほどそれはさらに面倒な作業の連続になります。

書き込み作業

という書き込み作業やら

書き込み作業

やら






 はたして着陸はできるのでしょうか  ・・・・・ 次回   つづく  












FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ















theme : 一人暮らしを楽しむ
genre : ライフ

tag : ジャンボ 御巣鷹山 シミレーション

プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
11 ≪│2012/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。