スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重なるもの

家の中のものを処分しています。




 家は旧家ですのでいろんなものが出てきて処分するのに困っています。
お金は無いけど物持ちなのです。
・・・
江戸時代の写本? 鑑定団に出したら赤っ恥をかくような陶器・漆器類の山 
いつ頃使われたか分からない寝具・・・ダニの宝庫
嫌がらせのように屋根の上に枝を伸ばしている老木。
車も普通車(ワンボックス)が一台ですけど駐車場は数十台。
重機が一台・キャタピラーのついた搬送機が一台・耕運機が一台・リヤカーが一台・一輪車が一台。
卵を産まなくなったニワトリが15羽ほど、おばあちゃんになって番犬にならない犬
どんくさいもんばっかり


父親が登山やっていたせいでその当時のキャンピング道具やら出てきてもらって今さらこんなもんがあって
も宝の持ちぐされ状態になっています。カビ臭いリュック・革製の登山靴・ポンビング式?のバーナー・コッ
ヘル。コッヘル以外は全部ゴミ箱行きです。そのコッヘルじつは私は別に購入済みでこれこそが無駄の最たる
ものにせめてその存在を知っていれば購入しなかったのにとガックリ。

ということで知り合いに新しいものに更新したのであげるということに。迷惑しないといいのですが。



親たちが登山していたということで、昔の写真を見てみることにしたのですが 以前に60年ぐらい前の写真を
見つけていました。これを見ていたらなんと、久住ではないですか。今でこそ日帰りできるところですがその
当時は山の麓まで行くのにものすごく苦労したようで数日かがりで行っていた模様です。今思うに公共事業で
叩かれる世の中ではありますが、道路が有るのと無いのとでは雲泥の差がある現実なんだと感じました。







FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ








スポンサーサイト

theme : ひとりごと
genre : 日記

tag : 旧家 ごみ

めんどうなこと

めんどうなこと



 はたくさんありますね。 いつも読み飛ばしている漢字の読み仮名がありました。
それは羽布という字です。ハフだろうと読んでいるのですがインターネットで正確性をきそうと
調べたら 古い飛行機の羽や胴体に布張りをする羽布張り(ハフバリ) 
それと金属を研磨する羽布(パフ)と 用途によって読みが変わるんですね。


 読書の量は結構多いほうなのですが けっこう読み方が分からずにそのまま読み飛ばしをやっています。
インターネットが無い時はもう調べるのが面倒なのでその時からのくせでそのままの習慣化していました
それで一つ一つ面倒でも調べることにしました。

やってみると本当に便利ですね。英訳やら普段わからない意味を調べることができるのですから。
その他にテレビのニュースで地名が出ますが どこなのか分からないのでそれもわかりますね。
ところが年をとるとさっき調べようとしたことは何だっけとニワトリ頭になっていることがあります。
パソコンに依存しすぎるとほんのわずかの間覚えていたものが何かのきっかけで ポッと 抜けてしまうのです。




学生時代によく先生から書いて覚えろとよく言われたことがありましたので素直に書き続けていました。
がやっぱり覚えていません。覚えていたのはノートのほうでした。結局覚えるということの意味が
曖昧なままで一つ一つ立ち止まってその言葉の意味することや状況を頭で掴むことが覚えることなんだと
あとでわかるようになりました。やはり教師の資質というものは大切だと感じました。

で、これは大学時代にも同じようなことが起こりました。授業や試験の時は電卓を使うことは自由なのですが
ここでも多機能な電卓をみんな購入してやり始めたのです。ここで言いたいのは確かに便利ですが 頭で計算
が省略されていることなのです。機械はどんどん進化するのに人間のほうは退化しているわけです。
それを立証したのは社会人になってからです。設計をやるさいに積算して大まかに見通しを立ててから詳細へ
と移行するのですが、これを電卓を借りてやっていたので時間がかかって仕方がありませんでした。
その場でざっとした暗算を行うことの意味が今わかったのです。

友人は早くからそのことに気づいていたせいか実務に強かったせいか、見事にその場で暗算をやるのです。
現実路線に目覚めるのが遅かった~。 何事も理想だけではことは進まないということです。
政治も理想をいう連中よりも今ある現実に対応するための案を言っている人のほうが実りが良いです。


今日は家の中をかたずけていたらそろばんが出てきました。授業でちょこっと習った程度でよくやり方を知りません。さっそくインターネットで調べてやってみています。あっという間に睡魔に襲われてしまいました。なぜか目的とは違う用途になるという一つの方法を学んでしまった。(+_+)





FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ







theme : 小さなしあわせ
genre : 日記

tag : 漢字 暗算 そろばん

野鳥の撮影

初物のテスト撮影です。



長いこと使っていたカメラが古くなってどうしても写りがいまいちで不満に思っていたのです。
それで以前よりどの機種を選べばいいか検討していて安くなったところでついに購入したわけです。。
衝動買いというよりこれを長きにわたって使い続けるという意味合いで気合が入っていたのです。

でさっそく使ってみた結果です。ピンボケの山でした。(+_+)
私の目が遠視(老眼)になったのです。それまで気にしていなかったのにいざピント合わせをしたら散々なでき
その中から辛うじて写っていたものを掲載しますね。




冬羽のダイサギです。
田んぼに行けばよく見かけるやつです。よく白鷺と言う方がおられますが残念ながらそういう名前の鳥はいないのです。姫路城だったらそれでいいのですけどね。

ダイサギ

50mの距離からの撮影ですのでどうしても若干のボケと色にじみが出てきます。
これに数歩近付くとすぐに逃げていきますのでわずかの枚数しかとれませんでした。



アオサギです。
大きなサイズですので これもよく見かける鳥ですね。でも意識して見ている訳ではないのでいざ絵にしてみようと思ってもなかなか書けるものではありません。以前にこの鳥の絵を描いていたのを掲載したことがあったのですがいつだったか忘れてしまいました。(`´)。

aosagi1a.jpg

嘴は黄色なのですが冬になると鈍い色になるとあります。若干赤味がありますので婚姻色になっています。




ジョウビタキの雌です。
この鳥は意外に人懐っこいところがあってそばに近づいてもなかなか逃げないところがありますので
もしかしたら気づいてらっしゃる方もおられると思います。ただ雄よりも地味ですけどね。

ジョウビタキの雌


写真では前からしか見えないのでどうかするとコサメビタキかなとも見間違えそうですが、尾羽のあたりが赤茶であること羽の部分に小さな白斑でジョウビタキと識別できます。
その写真も取れていたのですがピンボケなのです。手前の枝に焦点が勝手にあってしまった。




ジョウビタキ






ちなみに雄はこれ↓

ジョウビタキの雄

この鳥でしたら見たことあるな~ と思うでしょう。






キセキレイです。
フィールドスコープで見るとこの黄色が輝いて見えてほんとに綺麗です。
セキレイの仲間はこのほかにハクセキレイ・セグロセキレイがいます。


キセキレイ



また他に撮影出来たらまたの機会にでも。











FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ







theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

tag : ダイサギ アオサギ ジョウビタキ キセキレイ

プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
01 ≪│2013/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。