野鳥の会にきてほしい

ここ数日晴れ間が続いて



桜も5分咲きの我が家。そしてフキも育って初収穫を行いました。 ・・・ 1週間ほど前の話。
ただウグイスが自宅から離れたところで縄張りを主張しているのがさみしい。
これまで家にいたのに。
そして今年もやっと体重が2kg減って喜んでは見たものの、その前に3kg増えていたんだよね。
3歩進んで2歩さがる。いつも前向き ・・・・ うしろ向きとも言う。




とある喫茶店(ぱれっと)で知り合った茶飲み友達を野鳥を見に行こうと誘ったらすぐに乗ってくれて。
カワセミの写真を見せたのです。自然豊かな渓谷のような場所でしか見れないのかと勘違いしてらっしゃったのです。
実は意外と身近な川に生息していてただ意識的に野鳥を見ていないので気づかないだけなのです。
私はよく自宅のそばの汚い川で見かけているのです。野生の生き物は結構したたかなものも多いと感じています。

カワセミ


私の車に便乗してもらって市内の近場に連れていきました。
季節の変り目なのでどうかなと思いながら 野鳥がいてくれるといいのだがとだらだら歩いて行くといきなりイカル
が遠くの梢にいたのです。ラッキー  フィールドスコープを持ってきていたのでばっちり見ることができて感動していました。

イカル

友達は当初カワセミが目的だったのですが、これを見てから少しずつのめり込みそうな様子でした。
一眼レフの高級なカメラを持ってきていたものの、300mmのレンズですのでさすがにこれは映ってないでしょう。
それでもカメラを向けていたのですからこれはもしかしたら…病みつきになってくれると



さらにどういう場所でカワセミを見たかとか目印になるような所とかいろいろ話して聞かせています。
野鳥はカワセミばかりではないのでなるべくごくありふれた野鳥にも関心が持てるように話をしています。
そのありふれた ホオジロ

ホオジロ

ごく普通にいるありふれた野鳥なのですが、その友人はフィールドスコープを見てこれも感動してくれていました。
意識してよく見ているかどうかの違いなのでしょう。
私は野鳥に関してあるテーマを課しています。それは亜種を探すことです。そのためにも観察の回数を増やす必要があります。ベテランの野鳥の会の方々は普段見られない種を探す方が多いのですが、ありふれた種の中にも輝けるものがいるのではと期待しているのです。




そして、友人は幸運にもカワセミが飛んでいるところを目撃。じっとしていてくれるとよかったのに残念なことに今は食事時ではありませんので近くまで来て驚いて逃げたのです。実は今回これを3度同じように逃げる姿を目撃しました。3羽も目撃したのですから興奮しっぱなしでした。カメラ好きの方はカワセミさえ見ていたらもう満足する傾向があるようですね。




私もひとつ収穫がありました。コサギです。
コサギは普段冬場に観察することが多かったので飾り羽根を見ていませんでした。
でこの時期にもうすでに立派な飾り羽が生えていたので私にとっての発見でした。
飾り羽が生えるのはもっと後だと思っていました。

コサギ

上の写真は別の日に撮影したコサギの写真です。飾り羽根なし
この時はコサギが足で川底などを掻きまわして餌を探っている習性をとらえたものです。足の周りに同心円状の波紋が広がっているのがわかるでしょうか。貧乏ゆすりのようにも見えます。




何気ない行動の中にもいろいろな理由があり、それをひも解くことの面白さをかみしめてほしいなと思っています。








FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ










スポンサーサイト

theme : 野鳥の写真
genre : 写真

tag : 野鳥の会 カワセミ ホオジロ コサギ イカル

受難の日々

3月も後半に入って




 そろそろ桜の蕾がちらほら目立つようになってきてあと咲くのを待つばかりになって。
3月19日の午前中 家の近くにある堤のカモの混成群が、午後になるとバン1匹のみでほかはいっきに
いなくなってしまったのでした。ついにこの日が来たんだと感慨ひとしお。
カモたちが北へ旅立ったのです。まさに季節は巡る。
明日もう一度確認のために伺って もし何もいなかったら19日を終認と野鳥の会に報告します。

それで翌日の20日
確認のために行ったらなんとまた舞い戻ってきていました。 それも今までいなかったオオバンまで
連れて帰って来たのです。危うくフライングするところでした。   報告しなくてよかった。<(_ _)>







先日からの豪雨が続き 昨日・今日と続き次第に曇りから晴れへと次第に温かく感じるようになりました。
季節は次のステージへと変わりつつあります。 ←(また時候の挨拶)
で、私の歯の治療はそんなことにもかかわらず まだ続けられているのです。
もう痛みは治まりましたが、今日の治療は「歯ぐきの検査と汚れ取りをしましょうねっ」と
尖がったものを見せながら歯ぐきをちくちくやらるわけです。
毎回毎回何か痛い目に会うことになっています。そのあと汚れ取りということで何やらガリガリとか
何かでこすりつける時のヘンな音が耳に響いてもう辛いのなんのって。受難の日々を過ごしています。



次回は これは私のたつての希望で歯の「ホワイトニング」をする予定です。
何かするたびに鏡を持たされて「自分の歯はどうだこうだ」と丁寧に説明を受けていたのですが、
拡大して見せられるたびに歯の色が黄色っぽく見えて何か汚いので、歯を白くしたいと考えたわけです。
それで「ホワイトニング」を紹介されて・・・1万6千円なりと    受難の日々が続きます。








ここしばらくの間 久々に病気になっていました。
原因不明の腹痛に見舞われていたのです。普段拾い食いしても平気なお腹だったのに。 
おかげで介護している母の面倒をみるのにさらに辛い状況の中でこなさなければならないという試練を
神様からいただきました。  ・・・ 神に嫌われているとしか
母の残り物を捨てるに忍ばれて口に一個放り込んだのが敗因ではないかと。
ただ母をデイケアに送り出したのはいいのですが、その先で私が生ガキ食ったのが原因と適当なことを話したらしく、次の日にケアマネージャーが心配して来訪して来たのです。いきなりだったので、ありゃ旦那に家おんだされて行き場に困って家の空いた部屋に住み込みにでも来たのかと勘繰りました。
心配してくれるなんてありがたいことです。「とにかく病院に来なさい」と無茶言わなきゃほんとにいい人なんですが。
車に乗れないくらい辛い状況だというのに。
数日間母がデイケアに行っている間 寝たきり状態が続いてやっと回復しました。
朝 小鳥の優しい鳴き声で目が覚めてトイレに行ってひさしぶりの快便。今日は絶好調という矢先。
トイレットペーパーがない。  紙様 ~ (+_+)











そういえば先日友人の里山でビバークして昼寝したと記事を書きましたが、
ご近所のお百姓さんがその様子を遠くから眺めていたらしく。友人にその報告が言っていました。

昼寝


公安の間諜が何やら怪しげなことをやっているとか何とか
「えっ 浣腸?」 




実は昼寝の前にフィールドスコープを設置していたのです。前回の記事ではこのことを割愛しています。
確かにでかいフィールドスコープ据え付けたら疑われるよな。

ED82 現在販売終了



でも、そんなに目の色変えて観察していたわけではなく どちらかというとお茶会(シャレントンシャー)という
雰囲気だったのですが。
もう一人女性がいたら長閑な風景になれるわけないか ・・・・・ 興奮して(`´)

DSC03989a.jpg






FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ






theme : 健康的な生活で楽しい人生を!
genre : ヘルス・ダイエット

tag : カモ 腹痛 ホワイトニング フィールドスコープ

タヌキがでて

家は夕方になると




 時々わけのわからないものが出てきて驚くことがあります。
外から自宅敷地内に車で侵入して駐車するまでの少しの時間一瞬何かが横を通り過ぎたり
ヘッドライトの動きで一瞬照らして何かが存在したなあと意識が入ったり。
思えば家の周りはにぎやかな住宅地で家だけが自然のなすがままの状態で生き物が侵入するのは仕方がないことでしょうね。
でも時としてスズメバチやらムカデ・マムシなんていうものいますのでこれを理由に子供たちが勝手に入ってこないように断っています。このこともまた生き物たちの天下になっています。






さて今回現れたのはタヌキです。夜目に慣れるのに少し時間がかかるのですがさすが獣です。遠くにいるにもかかわらずすでにこちらに気付いていました。私の方はいつもいる空間ですのですぐ何か異なる違和感を感じています。
目が慣れた時にタヌキがじっとこちらを見ていることに気付くと同時に立ち去りました。

タヌキを見たのは久しぶりです。以前敷地内の一部を重機でいじくったことがありました。その時にタヌキの巣を壊してしまったのでもう現れることはないだろうと思っていましたが、また来るようになったようです。






最近一番驚いた動物が一つだけ。野ウサギが家にいたことでした。
駐車場に居たのです。それも車のヘッドライトに照らされてしばらくじっとしていてなかなか移動してくれないので車を少し動かしてやっと移動してくれたのです。住宅地が増えてさすがにウサギはいないだろうと思っている矢先に現れたので少しうれしいような驚きでした。


野鳥の会にいて、次第に野鳥の数が減りだしてきていたので自然が失われていく寂しさを感じていた時だけにまだいけそうと希望がわいてきました。







それで今回自然のタヌキと違ってひさしぶりのシミレーションの話。
ただ離陸した・飛んだ・着陸しただけではなんの面白みもありませんので今回はドラマチックな展開で。




以前の記事にも軽飛行機で世界一周していると書いてましたが、
時として何だこれっていう着陸があります。
パソコンでランダムに樹木が生えてそれらしく地形を形成してくれるのですが、時としてとんでもないところに木が生えていることがあるのです。それがなんと滑走路の前です。

現実の空港ではそんな木は生えていないようなのですが。

メイン州 ジョーンズボロ ドリスコ空港




でもシミレーションでは、「えー どうやって着陸するんだよっ」という光景に出くわすのです。
意外にこういう間違った設定は嫌いではないのです。チャレンジ魂が輝くのです。

217-2013-1-18_15-19-40-217-Drisko-Joneboro,-Maine(05ME)a


滑走路前の樹木を避けながらそしてまたいで、大きく下降をするので速度を殺すことができず。

217-2013-1-18_15-20-44-303-Drisko-Joneboro,-Maine(05ME)a


滑走路中間より先に着地でもまだ速度は速いままなので摩擦抵抗の大きい滑走路外で滑走。

217-2013-1-18_15-20-51-889--Drisko-Joneboro,-Maine(05ME)a


そのあとの連続写真

217-2013-1-18_15-20-52-530--Drisko-Joneboro,-Maine(05ME)a


217-2013-1-18_15-20-53-870--Drisko-Joneboro,-Maine(05ME)a



217-2013-1-18_15-19-58-740-Drisko-Joneboro,-Maine(05ME)a



217-2013-1-18_15-20-56-259--Drisko-Joneboro,-Maine(05ME)a



頭が逆向きになると同時にエンジンをふかして速度を殺すと。

217-2013-1-18_15-20-4-575-Drisko-Joneboro,-Maine(05ME)a



森に突っ込む前に停止することができました。ドリフト着陸・・・そんな馬鹿な。












FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ









theme : 田舎暮らし日記
genre : ライフ

tag : タヌキ フライトシミレーション ドリフト ウサギ

些細な事柄

ブログを更新しようと考えているとすぐ忘れてしまう毎日



年なんだと感心して・・・・いる場合じゃない。  若年性痴ほう症(若いと思いたい)
それで思い出した事柄を日にちを変えて付け加えてみました。






最近歯の治療をやっています。
で  おしまい。 


 という冗談はさておき
麻酔が効かないのです。これはもう冗談どころの話はではないですよ。
とにかく超~痛いのなんのって、神経に触れるたびに飛び上がるような感じです。
こりゃいかんとぎりぎり根をあげかけている時に先生の方が
「見ていて辛いからこのへんで」と切り上げてくれました。
途中で死んだふりしようかと真剣に考えている最中に神のお助け。

とりあえず、今生きている神経を殺す薬を入れて上からふたをしますねっで一週間後
まだ生き残りがいたようで「ちょっと触って調べますねっ」と針のような突起でツンと
「もうやめてくれー」と涙流れる寸前で「では触れないように周りの虫歯を削りますねっ」と
嫌な予感、やっぱりずれてもろに・・・  

三週目 13日の金曜日にまたお越しくださいって・・・・。






 
車を運転している時に一瞬ですが ひさしぶり友達の顔を見ました。
でも私はこの子に対してとんでもない負い目があるのです。
ずっと前に行きつけのお店の店員と親しくなり、よく雑談していたのです。
そして7・8年ぐらいたってからでしょうか、ある日店のオーナーと話している最中に
その子の話題が出て「彼最近元気がないようだけど 病気かな~」と尋ねたら
真顔で「なに言ってんだ」と、びっくりして「あの子はの子だよと」笑いながら返事。

背筋に雷が撃たれたような衝撃が しばらく絶句。
「俺はずっとのつもりであの子に話しかけてきたんだ。同士のよくある低俗な卑猥な話から
高級なスケベな話まで」と叫んでしまいました。
つまり7・8年間ずっとあの子に対してセクハラまがいの話をし続けていたわけで、
よく今まで耐えてたんだと。 
ということで しばらくその子の顔をまともに見ることができないでいました。

ついでにもう一人のような店員がいたのでまさかと思って聞いたらやっぱりの子でした。
オーナーが性でしたからやっぱり店員も性を優先して雇っていたのです。
それにしても世の中わからないことが多くて もう信じられなくなりました。

病院の看護師にこの話をして、つい尋ねたバカな話「もしかしたら、無いもんが有るとか??」
殴られそうになりました。






今日の訃報
友人のお母さんが亡くなられました。
家族ぐるみの付き合いをしていましたから、辛い日になりました。
ただ介護をしている都合上 葬儀に参列ができません。
そこでほんのわずか時間がとれた時を見計らってご霊前を持って行きました。
友人は仕事の関係で直接会うことはできませんでしたが、奥さんとしばらく話が弾みました。
認知症の母親のお世話をやってらしたので、私の方の大変さも知っていて気づかいをしてくれました。
でもやっと背中にしょったものを下すことができる安堵感と悲しみで複雑な様子。
あれから数日たつけど、どうしているんだろう。








友人の訃報   またかい
年賀はがきを出して返事が返ってこなかったので、
どうしたんだろうと思っている矢先にすでに去年の夏に病気で他界したとはがきで連絡。
この話はもう辛気臭くなるから書くのをやめます。










かわからない世の中にちなんで、やっぱり野鳥の世界にも
ほんとわかりにくいのがいます。

コゲラです。

コゲラ



さてどこでオス・メスの区別をすると思いますか。

矢印

矢印のついた先に赤い羽毛が申し訳程度についてるのがわかりますか。これがオスのしるしです。




ほんの少し動くと、

コゲラ

もう消えてわかりません。




さらに動き回って

コゲラのオス

やっとわかる程度です。
でもメスだったら、いくら動いてくれても果たしてメスなのかどうか特定ができないのです。
無いものをいくら探しても出てこないのですから。








FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ











theme : 野鳥の写真
genre : 写真

tag : 歯治療 麻酔 訃報 コゲラ

プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
02 ≪│2015/03│≫ 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク