今日も散歩

タイトル通り、最近雨以外はほとんど散歩しています。




そして今日もコンビニ往復の15分ぐらいでいいかと思って出て行って、
ふと気付くと三池山尾根沿いのお宮さんのさい銭箱に100円玉投げ込んでいたのです。
双眼鏡片手に野鳥を追いかけて夢中になっていたら成り行きでせっかく麓まで来たのだから
いっそのこと三合目あたりの野鳥いないか軽くのぼるつもりでした。



しかも通常の登山道ではなく普段いかない山道に迷い込んでいたというおまけ付き
通常の道にたどりついて登山者と出会いほっとしたあんばいです。
さらに歩行距離が延びて不安と時間がかかってしまいました。
で、その時すでに5合目あたりでしたのでもういいや登っちゃえという具合です。
その場の勢いは大事ではありますが、いっちょ間違えるとえらいことになっているという
絵に描いたような馬鹿な出来事。



それで周りの登山者見るとみんな立派な登山スタイルで私は双眼鏡片手の普段着
三池山って そんな大げさな山だっけという状況で子供の時はよく遊びがてらに登ってたように記憶しています。
ただ今振り返ってみると標高は300半ばぐらいの低山ながらこう配がきつく泥の道に大岩が露出しているというちょっと
つらい山ではあります。



学生時代 体を鍛えるためよくストイックに自宅からこの頂上までの往復を毎日繰り返していました。
目標は1時間の壁を切るというちょっとハードなマラソン登山。
で今回の散歩はなんと3時間オーバーという結果に。 まあ散歩ですから。









つい先日、私を勝手に野鳥の師匠と呼んで悩ませる御仁からまた難題をもってこられました。
写真に写った野鳥の鑑定を尋ねられるのですよ。


ホオジロハクセキレイかも

著作権の承諾は事後承諾ということでよろしく。






私は長いことかかって野鳥の亜種を探しているのに この方は気まぐれにポンポン珍しい野鳥の
写真を持ってこられるのです。
見たことない野鳥の写真持ってこられても判断のしようがありません。
今の時期特に羽根の生え換わりの時期ですので、微妙なのです。
図鑑の解説書読んだりしてホオジロハクセキレイだろと判断しましたが、なにぶん始めてみる野鳥
そこで野鳥の会に写真添付でメールを送信。それでその返事
やっぱりホオジロハクセキレイ・・・・だろ でもシベリアハクセキレイの可能性もあり背中の写真があると
確定しやすいと・・・・・。 
追跡調査しといたほうがいいかもしれませんね。
あとで返信メールのコピーをおっさんに渡して返事しときます。





FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ





スポンサーサイト

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

tag : 散歩 三池山 お宮さん 双眼鏡 シベリアハクセキレイ

遠い記憶

今朝(3月8日)早くから散歩に行ってきました。



普段行ったことがないのですが、気分転換ということで母親の朝食の準備を終えて勢いで玄関を飛び出しました。
そしたらなんという光景でしょう。真っ暗なだけでなく霧に覆われていたのです。
朝の散歩を習慣づけようと気持ちを一新したのにしょっぱなから何とも不気味な光景。

でも同時に何かほろ苦いような懐かしいような思い出が甦ったのです。
自分がまだ3~4歳ぐらいの年齢に身内との別れの場面が早朝の朝もやの中だったのです。
まだ薄暗くて周りは静かで旅立つ青年をもうすでに亡くなった祖父・祖母・父そして母たちが見送ったのです。
なぜか凛々しくて恰好よくて笑顔が素敵な青年が背を向ける時にわずかに憂いが見えました。
そして霧の中にその背中が影になって霧に埋もれてしまったあの思い出だけが甦りました。
ただあの時口笛を吹いていたように思ったのですが、何かの映画と混同してそういう情景にして
しまったかもしれません。それでその時誰を見送ったのかはもう今となっては分かりません。
もう聞く人がいなくなっていたんですね。
センチメンタルな記憶でした。


おとつい(3月6日)はウグイスの初鳴きを確認しました。
同日の深夜にフクロウの鳴き声を確認です。
また 自宅に植えているさくらんぼの花が全開です。

欲を出して言えばツバメの初認をしたいのですがまだ難しいようです。
日本で最初に確認の記録を打ち立てないのですが自然相手ではやっぱり無理ですね。





FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ





theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

tag : 散歩 朝霧 旅立ち 思い出 青年

基準になるもの

母と話をしていると少しずつ何かがずれてしまっています。




 もちろん認知症を患っていますので会話そのものは成立してないのですが、
それでも進行そのものを抑えるために時々話し相手をすることがあります。
そのせいでしょうか、以前よりも何か快方に向かっているように見えるのです。
でも、物事が全てが良いほうに向かっているという希望は期待しないほうがいいようです。



ずいぶん前になりますが、父が癌になって手術あと薬物療法の段階に行ったときに
少しでも快方に向かうようにと思ってイメージトレーニングの要領で父親に進めた方法が
癌という悪者をに対して免疫システムを自分の味方にして戦うというイメージです。
病棟で子供じみた寸劇のような会話をしながら父親に語りかけるのです。
ただ途中からそれまで何とかして死から免れようともがき苦しんでいた父親が自分の死を受け入れてしまったのです。
それから急激に体力が衰えていくのがわかりました。
亡くなる寸前に医者からレントゲン写真を見せてもらって患部が少し縮小していると話をされていました。
その段階ではもう本人の気力がなえて手遅れだったのです。



母もいつかは亡くなりますが、何かアイデアを考えては試しています。
それが効果があるのかどうかはよくわかりませんが、母と同世代の友人や親せきの人たちが
次々に亡くなっていて もう知り合いという人たちはほんの一握りになってきました。
若くしてはやく亡くなるだろうとみんなの予想に反して一番長生きをしているのです。
少しは役に立っているのかもしれませんね。



それで母との会話ですが、正常な者の基準は動かさずに相手に合わせて異常な基準の上での
臨機応変な会話をしています。ただなんとなくですが、自分の心の基準が少しずれてきているような気がします。
知り合いの方が精神病棟に訪問したことがあってその方の話ではだんだん正常なものが分からなくなってきたと
言っていました。もしかしたら何が正常か狂いだしてきているのかもしれませんね。
もともと変人だったから治ってよかったねと友人たちはからかいます。み・・・んなそんな目で見ていたのかい。






FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ















theme : ハードモードな人生
genre : 日記

tag : イメージトレーニング 認知症 基準

プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
02 ≪│2016/03│≫ 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク