FC2ブログ

転院 退院

年末に久留米から大牟田へ戻ってまいりました。



とはいってもまだ市立病院への転院なんだなあ~。まだ自宅に戻ったわけではありません。
でも一歩一歩と時と場所が家へ近づきつつあると言った按配ではないでしょうか。
うちの母も苦しい闘病生活が続いていましたので、島崎藤村のヤシの実の最後のフレーズ
「いつの日にか国に帰らん」というような感じかなあ。


でも入院したらまた書類の山に目を通すことになるのです。なんかねえ~ 同じことの繰り返しのようなことばっかり。
書類を書いていて緊急連絡先の項目で3人以上書いてくださいと看護師さんからしつこく迫られたのには閉口しました。
母の年齢と同じような人たちはとっくの昔に他界して、身内は世代が変わってあまり頼めない人ばかりなのです。
東京にいる弟の名前を書いてもね~。 どこが緊急なんじゃと言われるのは目に見えてるし。


ただ、こんな酷い目に会ってもひとつお得なこともあったのです。
障害手帳の対象になってたんです。免罪符みたいなものですけども。
医療費の給付・助成があるので入院治療費がいくらか戻ってくるそうなんです。
で、転院するので久留米から大牟田まで高速料金を使っての料金は半額です。
見舞いに行くのに節約して下の道を通っていた苦労がうそのよう。
でもってなんとNHKの受信料がただ。 ・・・ お得なんですが私はテレビ見てない(T_T)。


それでこういう年末の時に限って面倒くさいことが重なって
年賀はがきもいざ始動準備となった途端にインクの目詰まりで印刷不能
・・・もう目の前真っ暗。いそぎプリンターを買いに行ってその日はもう時間切れでそのまま
忙しい日々の合間 数日おいて、ついに印刷を。 この時まだ購入したプリンターの開封の儀をまだとり行ってないというありさま。

去年は住所録を入れたハードディスクがぶっ壊れて 正月に送られてきたはがきを元にすぐ住所録を手入力
して2日に送りました。そんなことから今年こそは慎重に住所録を確認して  ・・・   喪中案内の記録が抜けてないように。
印刷そのものはあっという間にできるのですがその前段階に時間がかかります。
 で正月に送られた年賀状を確認したら1枚だけ漏れていた。




そして退院へ 
転院の記事書いている間いろいろ手続きやらでそのまま保留にしていたら、
2週間ほどで退院になってしまいました。時間が過ぎることの早いこと。

それで退院日いつものお店で昼食。顔なじみですのでいろいろお祝いされたのですが
サービスでいろんなもん出されても食べきれるわけないし。
午後はそのまま紹介状を出してくれた主治医へ返事を添えて挨拶程度と思っていたらここでも
歓迎されてそのまま診察レントゲン撮影やら一通りのことをやってもらいました。
おまけにインフルエンザの注射まで
主治医としてはやはりうれしいのでしょうね。レントゲン撮影で写された心臓の術前から術後の経過を
リアルタイムで見ることができるのですから。


4時過ぎまででやっと解放されるかと思ったらこんどは友人の顔を見たいとか言い出す始末。
当日ものすごく寒かったので顔を見るだけの事態。 その間外で友人の娘さんと私とで凍えながら
元気にしてたか交歓。


でやっと帰宅。 とどめはご飯炊くのを忘れていたという結末。泣いたね~ 感動ではなくヒロインとして泣かされた。


スポンサーサイト



theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

tag : 泣いた 転院 退院 主治医

賀正


新年明けましておめでとうございます。


旧年中はお世話になりました。
これからもよろしくお願います。






  ちきちき

14年前に描いた家の犬です。懐かしいな~(^。^)



 水彩を載せた絵もあるのですよ。

わんちゃん




といことで本年もまた懲りずにお付き合いください。



theme : 謹賀新年
genre : 日記

tag : ちきちき 謹賀新年

プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
12 ≪│2018/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク