人生は五十まで

長生きしたいという心情はなぜなんだろうと考えてみました。

何人もの身内を見送り続けると、私の人生は五十歳まででいいかあーと思ってしまいます。
家族を病気で失うとあの時もっと大切にしておけばよかったといつも後悔しています。また小さい時に兄弟喧嘩したことを今になってなぜあの時に殴ったのだろうと心の古傷に触れてしまいます。

大切な存在なのになぜか争いの種は尽きないでいます。それが人生なんだと考えてしまうと楽なのでしょうが、ふとお互いの存在にも寿命という壁によって絶たれてしまうことに気づきました。期限という制限枠があると意識した時にふと一期一会の大切さを悟ることになりました。

今ちきちきも家族同様に私たちのことを心配してくれています。はしゃぎまわっている時に、私が咳き込んだりしたら急に近寄ってきてどうしたのっと見上げて心配そうにしています。逆にリードを木に結わえて離れて姪っ子たちと遊んだりなんかしたら、泣き続けて涙を流したりしています。小さい犬ですらこういう風にして家族との絆を大切に感じています。

以前にプチボランティアでお年寄りの面倒を見てきたことがありますので、その経験から家の母の寿命も後どのくらいかなあ~なんて不謹慎なことを考えますが、決して長さを考えるより今この時を大切にしていくことで後悔しないようにしたいと思います。

それにしても、独身男がいつまでも長生きしても疎まれるだけで、どうせ誰も私の面倒見てくれる人いないから健康管理なんかにあくせくすることなくメタボリックで早くオッチンジマッタほうがお気楽な人生かなと最近考えるようになりました。


家に来た頃のちきちきは可愛かったなあ~
家に来た頃のちきちき

可愛がりすぎてグウタラになってしまったちきちき・・・・ウルチャイ<`ヘ´>
今日のちきちき






ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ


スポンサーサイト

theme : 考察
genre :

comment

Secre

プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク