windowの限界

これは愚痴です。

windowを使い始めてまだ数年ですが、実はNECPC8000の時からパソコンを使っていました。そのためアセンブラー言語やBASICについては結構詳しいのですよ。(自慢)
ただ、その後CP/MやMS-DOSを使い慣らしていましたが、ここで、仕事に使うというよりも機械に使われているという感覚に嫌気がさしてしばらくパソコンを使わずにいました。

そしてここ2年ほど前から新たにWINDOWを使いだしました。よくアップル社と比較して友人とどちらがいいかという議論などをすることがありましたが、結局のところオープンアーキテクチャーであることで市場を占拠する割合が多いほうが使い勝手がよいと判断したのですが、ここに来てwindowにも限界が来ているように感じるようになりました。

PCを購入してかなりハードな使い方をしているのはいいのですが、そのつどおかしな現象に悩まされています。メーカーとの往復メールの回数も数知れずの状態でもう大概ヘキヘキしている状態なのです。そして今度vistaへバージョンアップという話ですが、なんとそれに応じてPCまで買いなおすなんてことを平気で言っているわけですから、いよいよwindows社自体が傲慢になってきているわけです。

本来なら製造に携わるものは今まで培ってきたデーターを次の段階でも使えるようにしなければならないのにひとつも消費者の言う事を聞いていないからです。

コーギー2ランキング
ランキングにご協力を<(_ _)>


スポンサーサイト

tag : window 愚痴

comment

Secre

プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク