紹運と道雪(2)

前回からの続き


 道雪が亡くなったとたんに島津軍は九州統一をするために北上をはじめました。
熊本・筑後と進攻するたびにまとまりのない小さな豪族を次々に吸収していき太宰府まで来たころには5万の大軍になっていました。
現在もまたその当時も勝ち馬に乗っておこぼれにさずかろうという輩は、多かったのですが、義のために寝返りをしなかったのが、高橋紹運と道雪の子立花宗茂でした。この二人は、実の親子になります。


 この頃になると大友宗麟は豊臣秀吉に援軍を頼むのですが、その代わりに秀吉は以前より道雪や紹運の活躍を聞いていましたので、この二人を自分の配下にしてしまいます。一時は北部九州の大部分を支配していた大友宗麟も、この中で最強といわれだ軍団を手放すことになるので、かなりこたえたのではないでしょうか。逆に手放された紹運たちは、これによって大友家の崩壊を食い止めることができるのであればそれも致し方なしと考えたかもしれません。



 そして、島津の侵攻をここで食い止めるために起こした作戦は戦略的な自己犠牲だったのです。
配下の者から志願者を募って大宰府の岩屋城で島津に抵抗して秀吉軍団が九州に上陸するまで時間稼ぎを企てました。城にこもった人数は何とわずか763名、それに対して島津連合軍は5~6万の大軍でした。紹運側の本城は宝満城でしたが、あてにならない広川の軍勢も加わっていたので、むしろ 主力は立花山に城をかまえる宗茂に信頼をよせて、2段構えにしていました。



 これまで島津側は楽な戦と思っていたのが、道雪の陰で目立たなかった紹運の巧みな戦術と一丸にまとまった強兵たちにぶつかって面喰ってしまいます。最後に全軍攻撃でやっと陥落させたものの、いたずらに時間を費やしたばかりでなく5000人近くの死傷者を出して島津軍に厭世気分を出してしまいます。
 当時の玉砕戦といわれる場合は、完全な全滅というよりは逃亡したり降伏したりする者がいて生き残りがいるものですが、この岩屋城の全滅では一人も生き残りがいませんでした。そのために太平洋戦争時代にはこの玉砕戦を戦意高揚として使われたことがありました。



 とはいっても、ただ一人の生き残り…立花城に伝令として行動していた谷川大膳という人がいます。
この人の場合は、全滅したことを知らず帰還して岩屋城に入ろうとして島津に生捕られてしまいます。島津の大将忠長は、紹運の侍たちを高く評価して配下に加えようと説得を試みますが、、逆に伝令で持参している書状を生きている間は読まずに首を刎ねた後読んでほしいと懇願したため、島津の緒将たちも情を感じて、殺せなくなってしまい結局のところそのまま立花城へ帰してしまいます。宗茂たちに報告後殉職をはかりますが、そのことをすでに見越していましたので無理に押しとどめ説得をし、立花家に加えてしまいました。この方の子孫は今も福岡におられるとのこと。

この戦の後、島津忠長は高橋紹運に敬意をこめて丁重に葬ります。
岩屋城を陥落して北上して立花城攻撃を仕掛けますが、ここでも宗茂の謀略にかかって結果は、見事に紹運の作戦は成就することになりました。


 養父道雪と実父紹運の二人から育てられた、立花宗茂についてはまた別の機会に




ご参考文献

題名  戦国挽歌  高橋紹運
著者  西津 弘美
発行元 叢文社







ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ


スポンサーサイト

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

tag : 立花道雪 高橋紹運 立花山 岩屋城

comment

Secre

プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク