一泊旅行しました(2)

前回からの続き




 阿蘇の雲海を期待して菊池渓谷を出発しましたが、残念なことに
菊池阿蘇スカイライン 北外輪山に雲がかかっていました。

外輪山の雲




期待はずれで残念でしたが、それでも道路脇に駐車して阿蘇市内を眺めました。
う~ やっぱりだめでした。

P1080087a.jpg




それから、世界一という吊橋を目指して菊池阿蘇スカイライン  -  やまなみハイウェイ  -  牧ノ戸峠を越えて九重町の大吊橋へと

大吊橋




へとへとになって到着しましたがここで家族が何を言ったかというと、姪いわく「入場料500円も支払って橋を往復する必要ない」。母いわく、「疲れているので私いいわ」ということで駐車場から橋の見えるところで写真撮影のみで、それから出発。苦労した割に家族には不評です。





そして、そこから九重山系をぐるりと半周して、その途中で男池に到着。
九重山系の一つ黒岳は天然木の森におおわれた山ですのでその麓からは綺麗な水が噴き出しています。東京から来た姪はその透明な川にびっくり。見たことがなかったのでしょうか。子供の時も星を見たことがないとか言っていたことがありますので、こういう自然の姿は都会人には純粋に驚くのでしょうね。


男池




姪はこういう湧水をそのまま飲んだことがなかったので、最初はためらっていました。ただ手を水の中に入れた時の冷たさにびっくりしてから好奇心がわいて水を飲んだようです。
ミネラル分多くわずかに炭酸の気配を舌先に感じていましたが、近くに炭酸水を出す湧水があるそうですのでそれが正解なのかもしれません。

水質検査




近くを散策してみました。子供のころ里山の中をみているようで、懐かしい植生でした。
あまりブナの木をみることはありませんが、ここではごく自然に生えいてるのでうらやましいような。
たまには大きな木が大岩を覆っているたくましい自然の姿に感動します。

たくましい自然








ここでお昼高菜ライスを食べて出発しましたが、ただこの段階でさすがに疲れましたので、途中でレゾネイドクラブくじゅうでジュースを一杯飲んで休み、姪がお土産にビールを買うというので地ビール村に行ったところなんと1月から閉鎖していたのです。地図が古くなっていたせいかこういう浮き沈みは覚悟しておかないといけないようです。


地ビール村




がっかりしながらペンションへ向かいました。(T_T)



次回へ続く










FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ


スポンサーサイト

theme : 旅行
genre : 旅行

tag : 菊池阿蘇スカイライン 日本一 大吊橋 雲海 男池 黒岳 地ビール村

comment

Secre

プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク