パラボラ集音器のその後

前回ドライボックスを掲載しましたが、



梅雨時のレンズ類が使えない時期何をするかというと 前回紹介したパラボラ集音器機を使って、
近くの林の鳥の鳴き声を収録していたのです。目が使えない時は耳を使うことにしたのです。

当初 昼間に適当にパラボラの向きを変えながら聞いていたらいろいろの雑音も同時に拾って
野鳥の鳴き声というよりは雑音を収録した感じが強いと思っていましたが、それならば
人間活動の低い夜や早朝に決めてやり始めたのです。


それで500m離れた林に向けて早朝収録を続けてたら ここではめったに聞けない鳥、
コジュケイ・アオゲラ・キジの声が聞かれたのです。これは拾いものでした。
すぐに野鳥の会へ野鳥の報告をいたしました。



 デバガメのようなことができるかという不謹慎な使い方は はたしてできるだろうかということで、
実際にご近所に向けて試してみたのです。ただし自宅からお隣さんまでの距離は50mほどです。
確かに何か声のようなものは聞こえるのですが、手前で虫やら風やら鳥の鳴き声にかき消されてしまうのです。
そのうえその背景の音までもはいりこんできてわかりにくくなります。さすがに建物の中の会話まで
聞くことは無理ですね。 ですが、ボリウムを下げて500mほど離れた野鳥の声だったらよく聞き分けられます。



さすが私が手作りで作っただけの価値はあったようです。本来の用途に使えるのでよかった。








FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ




 
スポンサーサイト

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

tag : パラボラ集音器 野鳥 デバガメ

comment

Secre

No title

野鳥。見た目だけでなく、鳴き声も楽しめますよね。
その分覚えるのも大変そうです。
「500m」は結構離れていると思うのですが、すごいです。

「デバガメ」さん。(冤罪説もあり)有罪になったヒトとは言え、
これまで「見た目+名前(1文字)」の不名誉な名前が使われるって…
いい事でも悪い事でもなかなかココまでの人間にはなれないですね。

Re: よしこチャさんへ

今の時期はなかなか鳥の姿を見ることができませんので、
ちょうど役立ってくれています。
500mというのは周りの音が静かな時にならないとよく聞く
ことができません。人の活動が始まるともう難しくなります。

デバガメさんという方が実際におられたという話は最近聞きました。
私もやり方を間違えたらデバカメと言われかねない。(^^)
プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク