死にかけていました



大げさな表題ですが、久しぶり(ウン十年ぶり)に高熱にうなされていました。
こんなに苦しんだのは初めてでした。時々夢の中で亡くなった人たちが「おいでおいで」しているのです。
「やあ、久しぶり」っと声掛けて駆け出したかったのですが、よくよく考えてみたら、まだ母親の
介護をしなければならないことを思い出して引き返していました。・・・なぜか亡者に愛される
私であります。 これが若い女性だったらどうなったことか(--〆)




壊れたパソコンの修理見積もりが忘れたころに連絡が入ったのですが、なんと5万円・・・・
「おのれ馬鹿にしとんのか」と叫びたくなる気持ちでいっぱいでした。外国勢に負けるはずだ。
これでは新品買ってもお釣りがくるではないかというくらいですね。
まあ、故障していたとしても症状が時々画面が真っ暗になってニッチモサッチも行かなくなる程度の
酷さで強制終了させてやり直せばまた初めからやれるという 程度ですので騙し騙し使えるな
ということで久しぶりにblogの更新をしました。 




 「いや~ おひさしぶりです~」  ・・・・・    ・・・・       (*^^)v」





それで本題です。 じつは大切な方を三人失いました。


一人は親友です。先月下旬に久しぶりに友人から連絡が入っていきなり「彼が亡くなった」と
頭の中が真っ白になりました。葬儀の日時と場所を訪ねてほかの友人たちと車で乗り合わせをして
伺ったのです。彼は兄弟の中では末っ子ですので読経の間 「死ぬ順番が違うだろう。
なぜ年長者に敬意を払って譲らなかったか」と恨んでいました。
またいつでも会えるから後で訪問しようと何度も彼の家を素通りしたことを今悔やんでいます。



二人目は京都に住んでいた伯母です。
101歳という高齢でしたので是が非でも会いに行こうと何度となく旅行を計画しては、予定外の事象に惑わされて断念させられた因縁のあるはなしでした。以前より家の中には古い写真がかなりありましたので、その写真に写っている人は誰かとかどういう状況の時の写真かとかいろいろ尋ねてみたいこともあったので できればはっきりした記憶のあるうちにと思って焦っていたのでした。



三人目はなんと今日連絡が入りました。
友人の親父さんでした。私が小学生の時から世話になった方でしたのでもうかなり古い付き合いです。
今まだ熱があるので友人の手伝いはさすがにできませんが、きっちり養生ができたら自宅に伺うつもりでいます。



花を贈る



季節の変わり目ですので、みなさんご自愛ください。
スポンサーサイト

theme : PC不調
genre : コンピュータ

tag : パソコン不調

comment

Secre

No title

ご病気されていたのですね。
夢の中で「おいでおいで…」
みたいな話をよく聞きますが、体験されたのですね。
お母様の介護の為に引き返す。すばらしいです。

PCの修理が5万円… わたしの友だちも以前、
大手日本メーカー製のPCを修理に出したのですが
やっぱり7万円とかそういう感じの値段でした。
交換する部品にもよりますが高すぎですよね (>_<、)

お写真。すごくキレイです。
まだまだ夜は寒いのでお大事にしてください。

Re: よしこちゃさんへ

いつもコメントしていただいてありがとうございます。
久しぶりの病気でしたのでちょっとまだぼけています。
でも あたたかいお気ずかいありがたいです。
プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク