里山に登ってきました

ひさしぶりに三池山に登りました。


今日は晴れて温かく庭の桜も咲き始めて

P1020537a.jpg

畑のスモモもまた真っ白になりました。

P1020538a.jpg


それで思い立ったが吉日とばかりに前回記事に載せましたリュックを担いで
三池山に登ることにしました。車を使わずに自宅から歩くことにしてしばらく行くと
小さな小川に出くわして写真はここから

P1020539a.jpg

スタート この川を遡上して三池山の一番南側の谷あい奥の院まで双眼鏡で鳥を探しながら
ぶらぶらと ところで三池山とはこういう山容ですが写真右側の麓から稜線沿いを辿ります。(写真右端が切れてしまった)

P1020541a.jpg


それでそこまでに行くまで川沿いをゆっくり野鳥の観察をしながら歩きました。
登りに入る前のウォーミングアップと言ったところです。ほんと久しぶりの運動ですから。
こんな木の橋なんか昔よく見たような。

P1020543a.jpg

それで見つけた野鳥はタシギ・ハクセキレイ・キセキレイ・ホオジロ・ヒヨドリ・シロハラ・ウグイス
スズメ・ツバメ(初認) この辺は鳥の数は多いようでよく鳴き声が聞こえます。
麓の人の営みが牧歌的で自然と共存していて懐かしいような風景が広がります。

P1020546a.jpg

登り口はこの右端から

P1020545a.jpg


そしてやっと登山口までたどりつきますが、

P1020547a.jpg

この道は山里の林道でもうアスファルトが引かれて歩きやすいものでした。

P1020562a.jpg

途中の農家の家では綺麗な木が植えてあったりとその趣が都会にはない良さでもあって。

P1020550a.jpg

登る途中振り返ったりすると木々の間から街の風景が望めたり、もっと開けないかと期待はするのですが。

P1020554a.jpg

アスファルトも終わりやっと山らしく土の道にたどりつくのはいいとしても、前日の雨によって
滑って登りづらいのです。ただ難度高くないのでそれほど疲れることはありませんが。このあたり
での野鳥の声らしきものはあるのですがあまりにも早く動き回って竹や木の陰に隠れて識別できないのです。
おそらくシジュウカラではないかと思うのですが自信がありません。

P1020572a.jpg

別に森林限界というわけではないですがこのあたりは私が子供の頃から草原として管理されているようです。

P1020577a.jpg

さてここから尾根伝いを歩きます。ここからあたりを一望できるはずですが黄砂の影響であまり楽しむことができません。

P1020581a.jpg

しばらく歩くと三池山の頂上にたどりつきますが残念ながら景色は望めないばかりか日陰もないので
ここを通過しました。

P1020593a.jpg

さらに歩いて日陰のある場所で、恒例のお茶タイム
セブンイレブンでペットボトルのお茶買ったらてっとり早いのですが、ここはそれ
気分の問題。

P1020606a.jpg

本当は当日ここでビーフシチューのレトルトパックを温めて食べようかと考えましたが、出る前に食べてしまったのでここではお茶だけです。

P1020525a.jpg


一服したらここからさらに稜線沿い北へ登ったり下ったりの連続後 三池宮に到着
よろしくお願いしますの一言挨拶してここから下りです。
このあたり天然木の生い茂る場所です。野鳥の種類はそのほとんどがシジュウカラなのです。それ以外はウグイスの鳴き声が聞こえるくらいで、一度だけハシブトガラスを見た程度です。

P1020631a.jpg

さてこれから下るのですが、ひとつは普光寺・もう一つは荒平峠です。
今回稜線沿いを行くことにしていますので荒平峠行きです。

P1020637a.jpg

選択を誤ったのです。前日雨が降っていたのでぬかるみの中を滑りながらしかも急こう配です。
そのため踏ん張った状態で小刻みに降りて行かなければなりません。アイゼンを持ってきていませんので怖いとしか言いようがありませんでした。

P1020640a.jpg

自然のなすがままの状態で 時々道が無くなっていますので迷いましたがそれでもなんとか

P1020642a.jpg

一度も転ばずに峠道にたどりつけました。

P1020654a.jpg

アスファルトが敷いてあると歩くのが楽ですね。ただ趣が無いのは仕方がない。

P1020657a.jpg

でもこの道はほとんど車の行ききが無い寂しい道でなぜか音がしません。ある意味少し不気味な
様相を出しています。

P1020660a.jpg

人里近くになると竹林も整備されて景色もよくなってきます。
ただ所々人があまり来ないせいでゴミが捨てられたりしているのは興ざめです。

P1020678a.jpg

そしてついに人里にたどりつきました。久しぶりでしたので所要時間は5時間もかかってしまいました。

P1020680a.jpg

写真 右端が三池山頂上です。真ん中の丸い形のところは三池宮。左の峠が荒平峠になります。







FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ







スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

tag : 三池山 里山 三池宮

comment

Secre

No title

ウチも自然が多いところではありますが、やっぱり
歩いて実際に見てる風景の写真を拝見するのはいいですね。

山の麓に行くまでもそれなりにあるようで… すごいです。
たしかにアスファルトの路だと歩きやすさもありますけど、
趣がないですよね。しかも、アスファルトがあるのに人気がない
って逆に怖い感じもしたりします。上はいい景色ですね~。

食べものなど、コンビニで買えば楽もできるのでしょうけど、
「そういう事じゃない」のですよね。食べるだけが目的じゃない。

所要時間情報を書いてくださってるのでよかったです。
こういうのは「実際の時間」が気になるのですよ ( *´艸`)
※時間とか、食べもの紹介なら値段とか気になる

お疲れ様でした。

Re: よしこちゃさんへ

車で登山口までチョチョチョイと行ってそこから即登るのも
楽ですが、ある程度の準備運動も兼ねて野鳥観察をいたしました。

歩きながら要所要所で写真を撮って行きましたが結構な枚数になりますので
結構割愛しながら掲載しました。分岐点とかで撮影すると道案内になるので
この方法もいいかもしれません

汗と泥にまみれたむくつけき男ですが せめて風流も兼ね備えないといけませんね。
プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク