文化の継承

最近家の前の道路で子供たちが




よく遊んでいるのです。ただ家の敷地内に入りたがっているのですが、
私が草刈りしているので怒られるのではないかと心配そうにこちらをうかがっているのです。
子供時代によく冒険して好奇心を満たしたい気持ちはよくわかります。また私もそうでしたから。
ただいくら広くて自然に囲まれているからと言ってそう簡単に入場を許すわけにはいかないと
思っています。


ひとつには法律的な制限   まんいち敷地内で事故を起こした場合私にその責任がかかってくる可能性があること。

そして二つ目は子供たちには自然に接するための先輩になる人たちがいなかったことです。
近所の子たちが仲間を作って遊んでいる時に年上の子たちが若い子たちにいろいろ遊びの中で
どういう遊びがあってまたどういう危険なものがあるのかよく教えてくれていたものでした。


特に昔 家の周りはひらくち谷と地名で言われてるように、マムシの巣窟だったのです。
毒蛇とそうでない蛇の識別、スズメバチに対する処仕方 ウルシ・ハゼの木に障らないことなど
当時はそれが当たり前のように言われていたものを今の子供たちは知らないのです。
特に最近家の周りに新興団地ができてから自然についてわからない子ばかりです。
いたずら好きの年上の先輩たちはもうそういう文化の継承を途絶えさせてしまったのです。
それに企業の機械化に伴って身近な手作業を親から受け継ぐこともなくなったので、もう子供たちは
さらに不器用になってしまっています。









先に掲載したのに関連して、私の癖のひとつがわかりました。

長靴

土間に置かれた長靴です。何がおかしいかは見てわかるように前後反対に脱ぎ棄てていることです。
土間から床に登る時にまず右かかとを左つま先で抑えながら右の靴を脱いで右足を先に床に載せます。
そのあと体を逆向きにして左の靴を床の角にくっつけて靴を脱ぐとそのまま脱ぎ捨てています。普通なら
ここでかがんで靴の前後を治しますがそのまま行ってしまうのです。
外から来た人がこれを見たら何だこれということになるでしょうね。


よく長靴は使ったらよく洗っていましたが、最近面倒くさくなってやっていません。
長靴の内張りに布が張ってあるので一度洗ってしまうと乾かすのに時間がかかってしまって次の日に使えなく
なります。ひとつの案なのですが、いっそ長靴の裏側もゴム面にしてくれると洗った後軽く拭くだけでそのまま使える
だけでなくゴムの劣化や艶の劣化を抑えることができます。そして長靴用に長い靴下も作ってくれれば、それを
洗濯機で洗ってついでに予備の長靴下も売ってもらったら次の日にそれを使うことができます。

ついでに女性のブーツのようにファスナーを付けてくれたら脱ぎやすくなるのですけどね。
もちろん水が入らないようにしてもらわないといけませんが。









それはそうと草の生い茂りがすごくてなかなか草刈りが進みません。まだ1/5程度じゃないかなあ。
刈ったあとの草の処理は苗木の周りにドーンと盛って肥料代わりにしています。
それが多すぎてもう盛れないかもしれない。

苗木

枝打ちした枝までものっけているありさま。




耕運機や

耕運機が

運搬車やらが

運搬車

草に埋もれたままに、このままじゃかわいそうだから早く取り払わないと ・・・
ところで動いて元に戻るのだろうか。 ・・・・ やばい気がする。







FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ








スポンサーサイト

theme : ナチュラルスタイル
genre : ライフ

tag : 文化継承 長靴 耕運機 草刈り

comment

Secre

No title

ウチの畑には近所数軒の子どもが入ってきます。
1つなどは中学生くらいです。
イマイチ畑の意味が分かってないようで…
田舎に住んでいて、しかも地元ではお金持ちな家のご子息。
少しは経験と知恵、教育というものを知ってもらいたいです…
※お金持ちな親が分かってない、教育しない(できない)

長靴が間逆になってるってすごいです (@_@;)
なぜそうなるか流れが分かりましたけど、
きちんと戻すか戻さないかで…
お客さんがいらした時のビックリ度が違ってきますね。

トラクター。結構新しい(そこまで古くない)ような…

Re: よしこチャさんへ

畑を持っているとやっぱり人が入ってきますね。
家でも畑でないところにまで人がやってきて
気持ちのいいものではありません。
なんせ石垣までよじ登って家の中を横断していくなんて
尋常ではないです。

外に置いていた機械類を放置したつけが怖いなあ。
プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク