スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床上浸水

寒い夜になんと床上浸水。


みたいな状況に深夜の2時に起こったのです。
前日は夕方にいきなり断水になって料理ができない状態。仕方ないから弁当買ってきてあとは
成り行き上寝てしまいました。そして深夜2時に目を覚まして台所から水の音がしていたので、蛇口を
開けっ放しにしていたのを忘れていたんだとおのれの不始末を笑ってそのまま入って行ったら、足元がひんやりと
水に濡れていました。

 
 当初は何事なんだと頭が混乱しながらもすぐに部屋の電気をつけるとなんと床一面水浸し。
流し台の排水口をゴミでふさいで水があふれて出ていたのです。
まず水道を止め排水口の穴を貫通させた後 浸水状況を確認
床は必ずしも水平になっているわけではないのでいちばん深いと思われるところから、ショベルで
水をすくい出してバケツに入れるという試みをしましたが効率が悪いのでさらに
チリ取りの大きめなやつで水をすくい上げるという方法が無難と・・・・てなことをあーだこーだとやっているうちに
何とか水の除去に成功。 ここまでかかった所要時間はなんと一時間弱
我ながらいつも緊急な状況下での冷静な行動にいつも感心しているのですが、普段の平和な
生活の中ではただ、ただもう堕落した役立たずで煙たがれる存在なのです。

 で、その冷静沈着な行動を誰にもみられずに今日もまた朝がやってきて、誰も深夜に起きた難事件を
知らずに通り過ぎていく今日この頃なのでした。 







大牟田市の海岸沿いにあるため池で、何かが浮かんで見えたものは、

なんでしょう

拡大して見ると後ろ向きで、カツラでもかぶっているように見えます。

うしろ向き

カンムリカイツブリ(冬羽仕様)でした。

カンムリカイツブリ

冬にやってくる冬鳥ですが一部本州の琵琶湖や青森県の湖沼で繁殖します。
夏羽の方がきれいなのですが、本州に行くことがないので写真はありません。




それで、これはかんむりのないカイツブリ(冬羽仕様)

カイツブリ

年がら年中国内でよく見かける淡水の水鳥です。
嘴の付け根に黄色い部分があります。


カイツブリ科は水上生活がほとんどです。見ていると時々水上から消えていなくなりますが潜水して魚をとっています。
勉強不足なので詳しい内容については後日にでも。







FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ






スポンサーサイト

theme : 今日の出来事
genre : 日記

tag : 床上浸水 カンムリカイツブリ カイツブリ

comment

Secre

No title

深夜に大変でしたね。
最初の「床上浸水」を見て、「そんなに雨が?」と思いました。

今回のこのパターンは不幸が重なった結果で、どれか1つでも
要素が抜けていたら起こらなかった事で、世の中全てそうかもですが
それにしてもなかなか大きい出来事だと思います (@_@;)

カンムリカイツブリ。なんとなく「カタツムリ」っぽく感じました ←字
寒そうな雰囲気があるのは、風景もそうですけど
やっぱり「冬羽」という部分もあるのでしょうね~。ふわふわで (´ェ`*)

Re: よしこチャさんへ

ほんとにひどい目に会いました。
でもその時は何とかしなければという気持ちの高ぶりで水の冷たさを忘れているくらいです。
同時に東北の津波の時のような外の雪と風に吹かれてただひたすら助けを待っていた人たちと
くらべたら屁のようなもんでしょうね。

そうですね記事の内容から今回は寒い感じがしますね。

プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。