ひさしぶりの野鳥

なかなか忙しい日々っというわけでもないのですが


こまごまとした事柄に手を焼きながらやっと時間がとれたようなかんじです。
そこでぜいたくな時間を楽しもうと久々の野鳥観察
自宅から約50kmほど離れた佐賀の大授搦という地名の干潟のあるところです。
シチメン草自生地と言ったらわかると思います。

たまたま逆光で遠くが見ずらい状況で撮影したものが

500m先

ここで「えっ」というものがいました。

DSC04628a.jpg

「サギがしゃもじをくわえてる」という冗談はひとまず。  クロツラヘラサギがいました。
一発目にしていきなりフィナーレを飾るような出来事にあったのです。
幸運です。でも隣にいる鳥の種類が判断がつかないのです。ホウロクシギ・ダイシャクシギ
もっと近づかないとフィールドスコープの解像度と逆光によって識別不能なのです。
ざっと見ても500mぐらいの距離があるようです。
さらに幸運なことにツクシガモも確認できました。友人がミヤコドリと勘違いしていましたがこれははっきりと区別ができました。
ただ撮影しそこねています。もったいないけどなんせ距離がありすぎてお手上げ状態です。


DSC04626a.jpg

ほかにも近くにいた野鳥を撮影してみたのですが逆光で見づらいものばかり、今回は様子見ということで次回潮の満ち干と天候を計ってもう一度再訪しようと撤退しました。



それで別の日に近くの野原を散策
幸運なことにじっくり観察したいと思ったニュウナイスズメに会ったのです。
スズメの仲間なのですがまれに種の違うスズメがいるのです。でもって撮影まで出来ました。

DSC04929a.jpg

始めてみた人はきっと「スズメじゃん」とおっしゃるかもしれません。
でも頬のあたりを見てください。黒い模様がないでしょう




そしてこれがメスです。

DSC04949a.jpg

オスの赤栗色と違ってでなくオリーブドラブになりますのではっきり区別がつきます。

時間の都合で今日はここまで







FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ










スポンサーサイト

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

tag : クロツラヘラサギ ツクシガモ ダイシャクシギ ニュウナイスズメ

comment

Secre

No title

「サギがしゃもじをくわえてる」これが冗談だと思えないです。
本当にそのような表現がピッタリです。って500m (@_@;)

スズメ。稲作の天敵でしたがかなり見なくなりました。
たまに見ると安心感があるくらいのレベルに…
※増えるとまた敵になりますが

お写真のスズメ。ちょっとだけ違和感がありました。
メスはちょっと緑っぽいのですね~。

ちょっとした遠出で時間を使うのはいいと思います!

Re: よしこチャさんへ

しばらくパソコンに触れてなかったので返事が今に。失礼しました。

遠浅の有明海ですので沿岸からかなり離れたところに野鳥たちが集まっていることがありますが、
たまたま今回は近くにもいました。ただ逆光になって撮影が難しいというロケーションでした。
こうしてみると生物の形態が多様であることをじかに感じることができます。

生物の絶滅が懸念されていますが生活に直結しているだけにままならない様相を呈しています。
人間の生活活動と自然環境保全のバランスの取れた新たな文化を摸索しないといけないようです。
プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク