今日も散歩

タイトル通り、最近雨以外はほとんど散歩しています。




そして今日もコンビニ往復の15分ぐらいでいいかと思って出て行って、
ふと気付くと三池山尾根沿いのお宮さんのさい銭箱に100円玉投げ込んでいたのです。
双眼鏡片手に野鳥を追いかけて夢中になっていたら成り行きでせっかく麓まで来たのだから
いっそのこと三合目あたりの野鳥いないか軽くのぼるつもりでした。



しかも通常の登山道ではなく普段いかない山道に迷い込んでいたというおまけ付き
通常の道にたどりついて登山者と出会いほっとしたあんばいです。
さらに歩行距離が延びて不安と時間がかかってしまいました。
で、その時すでに5合目あたりでしたのでもういいや登っちゃえという具合です。
その場の勢いは大事ではありますが、いっちょ間違えるとえらいことになっているという
絵に描いたような馬鹿な出来事。



それで周りの登山者見るとみんな立派な登山スタイルで私は双眼鏡片手の普段着
三池山って そんな大げさな山だっけという状況で子供の時はよく遊びがてらに登ってたように記憶しています。
ただ今振り返ってみると標高は300半ばぐらいの低山ながらこう配がきつく泥の道に大岩が露出しているというちょっと
つらい山ではあります。



学生時代 体を鍛えるためよくストイックに自宅からこの頂上までの往復を毎日繰り返していました。
目標は1時間の壁を切るというちょっとハードなマラソン登山。
で今回の散歩はなんと3時間オーバーという結果に。 まあ散歩ですから。









つい先日、私を勝手に野鳥の師匠と呼んで悩ませる御仁からまた難題をもってこられました。
写真に写った野鳥の鑑定を尋ねられるのですよ。


ホオジロハクセキレイかも

著作権の承諾は事後承諾ということでよろしく。






私は長いことかかって野鳥の亜種を探しているのに この方は気まぐれにポンポン珍しい野鳥の
写真を持ってこられるのです。
見たことない野鳥の写真持ってこられても判断のしようがありません。
今の時期特に羽根の生え換わりの時期ですので、微妙なのです。
図鑑の解説書読んだりしてホオジロハクセキレイだろと判断しましたが、なにぶん始めてみる野鳥
そこで野鳥の会に写真添付でメールを送信。それでその返事
やっぱりホオジロハクセキレイ・・・・だろ でもシベリアハクセキレイの可能性もあり背中の写真があると
確定しやすいと・・・・・。 
追跡調査しといたほうがいいかもしれませんね。
あとで返信メールのコピーをおっさんに渡して返事しときます。





FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ





スポンサーサイト

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

tag : 散歩 三池山 お宮さん 双眼鏡 シベリアハクセキレイ

comment

Secre

No title

ちょっとした山に登るのもいいと思います。
普段機会がないのでまったくやらないのですが…

あとはその「登山っぽい格好」が問題だったりします A^-^;)
※まったく持っていない

少し前に観光地に行って、登山をされる方もいらしたのですが
観光客と登山客の格好の違いがすごかったです (o_ _)o

野鳥。やっぱり難しいのでしょうね。
野鳥を見て、「あ、鳥」っていう言い方と
「ホオジロハクセキレイ」だと違いますよね。

でもでも写真の鳥は… 背中にポイントがあるなんて (@_@;)

Re: よしこチャさんへ

理想をいえば 近くの里山でお気楽に登れて
頂上付近の木がなくておにぎり食べながら見晴らしを楽しめる。
さらに女性一人でも安心な場所。と言いたいのですが、
そんな都合のいいところなんてないですね。

熊本の萌の里という道の駅にはそばに木の生えてないちょっとした山登り
風の場所があります。5分も傾斜を登ってそこで見晴らしを楽しむのもいいかなと
もし誰かに襲われそうになったら悲鳴をあげて助けを呼べる距離という利点がいいかも。



ホオジロハクセキレイの背中の写真を撮りにおっさん頑張っているみたいで
すが、そう簡単に撮れるほど自然は甘くはないですけど。
プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク