雨の桜

出会いがあればまた別れもあるという




4月になれば新人たちとの出会いがあって人となりについて好奇心がわきます。
この子はどんな子なんだろうかと期待と不安が半々。
それとは逆に今まで勤めていた子が急に心機一転したいと退職をするという話も出てきます。
いつもそこにいる子がすでに退職しており後日訪問して初めて気付くということに。
何かぽっかりと心に穴があいたようなそんな憂鬱な日々が続いていました。
その子の新しい門出に花を     ・・・・桜の花(1週間ほど前に撮影した)




桜




じつはこの桜、去年の夏大風が吹いた時に幹がぽっきり折れた老木だったのです。
だからもうこの木は枯れて朽ちるものとあきらめていたのですが、幹の横の一部の枝が折れたままにしていたら
なんと今年花が咲いたわけです。

DSC07061a.jpg

写真は前の桜と重なって分かりにくいのですが、じつはちゃんとこの枝だけが復活しているのです。
我が家のシンボリックな老いた桜が私に何か語りかけてくるような  ・・・ ほんとにしぶとい(^。^)




普通ならここで、紀貫之の
ひとはいさ こころもしらず ふるさとは はなぞむかしの かににほひける
な~んて洒落た和歌が出てきそうなものですが、なぜか最近は

babymetalの「おねだり大作戦」が頭の中でループしているという、末期症状に。   ・・・ やっぱりもうすぐお陀仏かしら






FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ






















スポンサーサイト

theme : 片思い
genre : 恋愛

tag : 老木 別れ 門出

comment

Secre

No title

4月は特にいろいろと大変ですね。
変な話、辞めるかもしれない新卒者に教育をしないといけず…
受け入れる方も期待と不安でいっぱいになります ( *´艸`)

桜。すごいですね!
「じつはちゃんとこの枝だけが復活」がなぜか
「じいちゃんとこの枝だけが復活」と読んじゃいました。

紀貫之。普段思い出すことがないのですけど思い出しました。
「蟹に」と最初に脳内変換されちゃって、まさに「心も知らず」でした (>_<、)

よしこチャさんへ

新しく入ってくる人によってこれまでの雰囲気がどのように変わるか期待とかまたその逆とか
いろいろな刺激で変化があってまたそれが活力になればいいんですけどね。
ベテラン選手頑張れと陰ながら応援します。

じつはというフレーズが二度続いていますね。ボギャブラリーが乏しいので
癖が出てしまってなんか変です。読み直して掲載すればよかったです。

紀貫之の和歌で、初めて読んだ時私も蟹を連想しました。しかも竹崎の蟹。
食い意地はってたんでしょう。
プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク