FC2ブログ

山を越えました。

10月下旬に心臓の手術をいたしました。


そして、生還したのです。(祝)
6時間程待合室で待たされましたが、勝手に病院の外には出れません。
ただし姪と弟が来てくれていたので、交代で院内をぶらぶらしながら
体をほぐしていました。もし一人だと思うとぞっとします。ほんと助かりました。
待合室には他に6家族ほど待っていました。その中で最初に呼び出しが入ったので
すぐにACUに直行です。

もちろん母は麻酔から覚めていませんので会うことはできませんが、切除した僧帽弁を見せてもらいました。
石化していて血液の逆流を起こしていたので人工弁と交換したとの話。
三尖弁のほうはまだ十分に機能できるため歪みを修正することでことで正常化に成功したとのこと。

手術の間母の心臓が止まっていたなんて信じられないような話です。生まれて初めて心臓が止まった状態を
母は経験しているのですから。それから処置をした後また心臓を動かすんです。医学の世界は時として
驚きの中にあります。



そして翌日、連日のように大牟田・久留米の間を往復する日々を送っていて疲れがたまった状態で
また訪問。母は目覚めていました。面会前に主治医の説明を受けました。
かなり元気なほうで意識もはっきりしていると言われ ホッとしました。それを確認するために本人と
わずかな時間をもらって話をしたのです。
 第一声は「水をくれ」でした。まだ気管にチューブが入っているのと乾燥しやすくなっているので誤飲・雑菌の
侵入を防ぐため水は飲めず6時間ほど我慢が必要との話でした。その間病室のスタッフに文句を言い続けているのです。

姪を指し示して「この子は誰かわかる?」と問うたところちゃんと名前が言え喜びました。が、姪が私を指さして「このおっさん誰でしょう」と尋ねたら弟の名前を呼んだんですよ。・・・わけわからん。

・・・・・
・・・・・

そうして今月1日に大牟田の病院へ転院としいう段階に来て発熱
もう大変な状況に、  ・・・・・  一週間たってやっと熱が下がり

教授がせっかくここで手術したので~ここで最後まで面倒みましょうということになりました。
大変ありがたい申し出ですが、大牟田と久留米の往復がつらい。
あとどのくらい期間がかかるのかな・・・・




大学病院に入院してから今日までほとんど車で往復いたしました。往復75kmの道のり
まあこういう時だからこそ出費をケチらず使いまくりました。
普段質素だからその反動かな。



熱がある間、何とか持ち直してほしいと考えて蜂蜜を購入しました。

はちみつ

最初に買ったのはサクラ・レンゲ・ミカンの三種類でした。
同じ味だと飽きるだろうからと普通の蜂蜜とくらべて意外にさらさらと粘度が低いのです。
が、寝ている母親に飲ませるのに苦労いたしました。べたべた汚さないように苦労するのです。
それでまた考えてドロッパースポイトをわざわざ通販で購入したのです。100金にないのですよ。

ドロッパスポイト

よく赤ちゃんとかに液体の栄養物を流し込むのにテレビとかで見かけると思いますが、
それでこれが都合よく飲ませることができるのですよ。でも洗うとなるとこれがまた大変でしたが、なんてことはないお湯で
洗うと簡単に落とせるのでした。めでたし。

さらに蜂蜜の種類を増やしました。野山みつ・リンゴ だんだんマニアックな話へと・・・・






とにかくこの数カ月はもう大変な緊張感に包まれましたが、なんとか山を越えそうです。
せめて三日に一回の見舞いに減らしたいのですが、毎日来てくれと言われています。
入院の間休めるかと思っていたのですが、思うようにはさせてくれません。・・・・ 誰か代わってほしい。








FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ







スポンサーサイト

theme : *感謝そしてありがとう*
genre : 日記

tag : 心臓手術 三尖弁 僧帽弁 蜂蜜 ドロッパースポイト

comment

Secre

No title

まずはおめでとうございます。
ご年齢や手術ヶ所を考えると不安も多かったと思います。

わたしも身内の手術を何度か(何度も?)経験していますけど、
やっぱり誰かいないとですよね。
心配ではありますが、手術中はこちらが何もできないですしね…
気晴らしもしたくなります。

ぶはっ。弟さんの名前を言ったのは…
なんだかそういうパターンありそうです。
一番世話をしているのに… 「あるある」な感じがします。(いわれのない報復)


はちみついいですね!
スポイトもアイデアですね~。って100均にはありませんでしたか。

病院までの往復もまだ大変だと思います。
精神、体力はもちろん、時間がかかり出費もかさむかと思います。
気楽にな楽しみながらとはいかないかもしれませんが、
「見舞いついでになにかする」くらいの余裕ができるといいですね。

Re: よしこチャさんへ

ありがとうございます。
おっしゃる通り家族に何かあるとやっぱり不安の連続になります。
でも今回はその賭けに勝ったことに満足しています。
あとはどのようにしてこれを生かすかまだ努力しなければならないことばかりです。

一人で待合室で家族の安否を確認するために待つという状況は、テレビで
自然災害が起きた時 ひたすら待ち続けている家族の気持ちに似ているような気がしました。
誰か付き添ってくれるだけでもほんとに助かります。

ずいぶん昔 最先端の国立病院の中庭の片隅でかっぷくのいい中年男性が石の上に座っているのに気付きました。
他の方々は誰も気づいていない様子でした。
何をしているのだろうと思って目を凝らして見ていたら背中を震わせて我慢している様子だったのです。
おそらくこの方は賭けに負けた家族の方なんだと思いました。


わざと弟の名前を言ったのなら、それはそれで意識がしっかりしてむしろ安心なんですが。、
なんかむかつく・・・・。


そうですね往復の合間の道草もまた楽しめそうです。
プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク