FC2ブログ

先月の金曜日に友人の栗山に行きました。


友人も年齢を重ねてきたせいもあって少々栗拾いもバテ気味でした。
訪ねた際これ幸いに焚火をしながら会話を楽しみながら、栗拾いをして手伝いをしたかったのですが、
なにせ素人が拾ってきたものなんてあまりあてにならないので、良いものだけ種わけして
それをもらったのです。金を払おうとしてもなかなか受け取らず、気持ちだけということで
少額のみ進呈。


もらった栗はなんと利平栗という幻の栗で一般市場に出回らないものだそうです。
ほとんどケーキ業者が買い占めてしまいモンブランなどのケーキに加工されるそうです。
大粒で普通の種とくらべ甘くおいしいものでした。


お土産としてお袋に見せたら独り占めしようと目論んでいて友人におすそ分けできない
状況に。

利平栗

なんかちょっと汚れ気味ですけど、大粒で中身はとにかく美味しいのです。






別の話。

またコウノトリ(7号)の撮影をしてきました。
夜の3時ごろ  あいにく前回撮影した場所は展望台が古くなったため取り壊されました。
仕方なく市内の近くの南斜面で見晴らしの利く場所を探してわざわざ重い機材を担いで登ったのですよ。
最初のうちは晴れ間が見えていたのがなぜか黙々と雲が湧くという最悪のコンディション。

微妙に雲の隙間があってその間からでも見れるのならそれでもいいかと思っていました。



その時 月が雲の合間に見える時の不気味な様子↓

雲の間

何とかのアギトみたいな不気味さ     とりあえずテスト撮影。
夜中の3時でしかも一人で大きな望遠鏡担いで登って行く様を見たら
きっと警察に通報されるのではないかという状況でした。


打ち上げ時間。  その雲の合間というより 雲の厚みを透かして赤く光る点が見え始めていきなり真上に登り始めたのです。
さすがにすごいエネルギーなのですね。300kmほどの距離と雲ですら関係なしにその姿が見えるのです。

登り始め

最初は垂直に次第に傾きはじめます。 地平線近くでは大気の密度が高いために赤く見えます。


DSC08370a.jpg

今回の撮影は雲が出ていますので、前回6号機の撮影の時のような鮮明な感じではありませんでしたが、
それでも何か興奮してみていました。


さらに前回失敗した。SRB分離の撮影は何とかうまくいきました。

SRB

星も入れてレタッチしています。300kmの距離は何ともしがたい。微妙なブレがやっぱり生じていました。


DSC08375a.jpg

SRBの火が消えかかり脱落していく様子です。・・・ お疲れ様


DSC08378a.jpg

大気圏外に出てさらに遠のいていきます。空気が無いのでまぶしく青白い炎と点のようになり雲の中へ消えてしまいました。

自宅に戻って打ち上げ成功を確認しました。  めでたし。






FC2 Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ





















スポンサーサイト

theme : 宇宙
genre : ニュース

tag : 利平栗 コウノトリ7号 撮影

comment

Secre

No title

栗拾い。結構大変ですよね。
「トゲ」も大変で、気を付けているのに「トゲの先っちょの先っちょ」が刺さって折れた時には
痛さはもちろん、残念感が尋常ではありません。絶対に先っちょをとらないとですしね…
テンションが下がります。

丸っこい立派な栗ですね。モンブランなどに使われるものなのですね。
去年、大量の栗が我が家にできたのですが(できたので)、今年はほとんどとれません。
※10分の1どころではない

テスト撮影の空。わたし的にはスキ系です。
ほんと、遠いのによく撮れていると思います。SRB分離も撮れてますね~。
そして… 午前3時ころっていうのもすごいです ( ̄‐ ̄ ;)

空、宇宙。夢があっていいです。

Re: よしこチャさんへ

栗拾いは手を使うとほんと大変ですよね。
だから靴でトゲの皮を踏み分けて実をむき出して
トングで手持ちの袋に入れるやり方で採りました。
それでも時々先っちょに触れて痛みが長引いてうんざりしました。

利平栗はめずらしい栗だそうです。
熊本は国内で二番目の収穫量の産地ですが 育てるのは難しい品種だそうです。



テスト撮影写真。写真でなく直接目で見ると不気味な光景でした。
絵画の世界でこうい状況の絵を見た覚えがあります。
SRB分離 距離がありすぎて微妙なブレまで映ってしまいました。ちょっと残念。

もの好きでなければやってられません。
実際に生で見たらやっぱり興奮します。
プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク