教育問題

教育問題について一考

子供が自殺をしたことについて、学校と教育委員会はよく「いじめがなかったので、責任はない」とする見解についていつも思うのですが、マニアルどおりの行動をとっていて、最悪の結果になったことについて問題にすべきではないのかと思うのです。

そもそも、子供社会の中においていじめやそしり・妬みを起因とする問題はいつもあるのが普通のことにもかかわらず、それがまったく存在しないとする学校の報告には、そのような行動を見抜くことすら出来ない教師の存在やまたは能力がないなど色々の問題に対処していない怠慢があり、これらから懲戒免職すら発生してもよいのではないでしょうか。

懲戒免職は重いとする方がおられるとしたらその方は子供の命そのものの価値認識がない方と思っています。自殺に追い込むという結果こそそれに匹敵していると感じます。自殺や理不尽な立場に追い込まれいるなど山のように仕事があり、これらから守るため、教員や教育委員会、そして社会とその家族こそが責任の重い存在だと思っています。いま一度、そういういじめなど問題となる点を見抜くためのノウハウなど教員たちは教育委員会やPTAに協力を求めていきながら、子供たちを見守っていく必要性があると思います。

そこでひとつ提案なのです。各教師ごとにHPを作成して、これに対して悩みなどを抱えている子供からメールで相談をしていってはいかがでしょうか。もちろん希望により匿名にしてもかまいませんが、まず筆跡で本人の確定は難しいことになりますが、それでも面と向かって表現しずらい子にとっては悩みを思いのたけ話すことができていいでしょうし、またひとつのテーマを子供たちと共に解決に向けて話し合うこともひとつの教育にもなると思います。

いやだー
チキチキがいじめられてわめいている訳ではないのです。
飼い主がいじめられるほど悪戯しています。



コーギー2ランキング
ランキングにご協力を<(_ _)>


正面画像
迷子の捜索にご協力を


スポンサーサイト

tag : 教育問題 いじめ 自殺 マニアル 結果 懲戒免職 子供社会 教育委員会

comment

Secre

プロフィール

必殺遊び人

Author:必殺遊び人
白露残日記(しらつゆざんじつき)
(写真:画伯近影)
streptomycin@forest.ocn.ne.jp

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
星が見える名言集100
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク